トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007/08/30

阿弥陀堂だより、を読んで

私は今年十一月で満七七歳を迎えます。数え年七七歳で喜寿と言うのだそうありますが「喜寿」の言葉は私には実感が湧きません。

配偶者控除も切り捨てられ老齢者にかかる税金は多くなり、通院にかかる費用も大きくなりました。高齢者切捨ての時代になったと思います。現代版、姥捨山のように思います。

新聞紙上には毎日のように高齢者の交通事故や事件が報道されております。!

南木佳士著「阿弥陀堂だより」(文春文庫)を読んで私は思う ここに登場する「おうめ婆さん(97歳)」が四~五十年も山深い阿弥陀堂で独居し暮らしてきたことに対して孝夫が胸を熱くした言葉は、私も同感したのでした。

また人の一生も四季が巡るのと同じなのだと記した「阿弥陀堂だより」に書かれている言葉を、今喜寿の道程を生きる私には生きる心の支えになったのでした。

雪が降ると山と里の境がなくなり、どこも白一色になります。山の奥にある御先祖様たちの住むあの世と、里のこの世の境がなくなって、どちらがどちらだか分からなくなるのが冬です。
春、夏、秋、冬。 はっきりしていた山と里との境が少しずつ消えてゆき、一年がめぐります。人の一生とおなじなのだと、この歳にしてしみじみ気がつきました。

私の同級生は100%病気を持ちでまた、逝かれた友も多くなりました。老齢者の抱える問題は神の授けた試練なのだと感じます。この試練は齢を重ねるごとに多くなります。

十四日前には37℃の高温でしたが今日は秋雨降る気温21℃の日に散歩しながら思いました。

2007/08/17

猛暑の避暑にはナイターが一番

熱波が日本列島を襲った8月15日仙台も、ただならぬ暑さに襲われた。なんと気温37.2℃になった。過去の最高気温の記録78年ぶりに突破したと報じられていた。お盆で帰省していた子供と孫に誘われてナイターに行ってきた。子供は50歳を超えた娘・40歳を超えた長男・孫は28歳・18歳・15歳になっている。私は誘われる身になっているのである。プロ野球はテレビで観戦しているので行く気にもなれなかったが、球場での経験は一度もなかったので先の空白が短くなったので一度は経験しようか避暑にもなるかと思い出かけてみた。行ってみて驚いた。新しくなった宮城球場は立派で驚いたトイレも綺麗でホテル並みだ、サポータの応援がテレビでの観戦では騒音でしかないので音量は最低にして見ていたのだが球場で聞くと、コーラスのようで、調子が良いなかなか良いものである。また守備交代の合い間のショーも劇場でのダンスを見てるようだった。世の中変わった。冬は炭火のみ夏は夕方の打ち水をしての夕涼みの時代は大昔の思い出のみが脳味噌の中で鮮明に映し出されている。球場の投光器の消費電力は相当大きなものとなろう 地球温暖化が気になった。 喜寿の独り言であった。

トップページ | 2007年9月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ