« 秋の別れの日 | トップページ | 吉村 昭著「死顔」を読んで »

2008/01/01

平成20年1月1日の我が思い

平成20年1月1日私は生誕78周年目の年を迎えた。.
日本の男性平均寿命78歳に到達する年でもある。

地球は24時間で一周する。生誕から今日まで28,168周したことになる。私は地球に感謝を込めてありがとうを捧げたい。

神のごとき太陽そして美しい惑星地球よ ありがとう

この大地に1930年11月18日着地した我一人。
青い海に浮かぶ日本と言う小さな島国に

素晴らしい日本の四季と語り合い生きてきた

青い海 青い空 変幻きまわりない雲を仰ぎ 

春の風 夏の風 秋の風 冬の風 

眼に写るこの空に太陽光線から数知れぬ色彩が美しい

雲は龍雲 鱗雲と数々の天界飛翔の姿が浮かぶ

耳を優しくかすめる風音は
  幼き日の思い出を描く耳鳴り

そして、28,168周目の地球がまわってきた。

土の匂いを運ぶ春が近くまで来ている 

春・夏・秋・冬 が巡り 我れは歳を重ね老いてゆく

いつの日か我が魂は無限の宇宙に帰ることになる

天命に呼ばれるその日まで生きる

美しい地球よありがとう 

無限の天空を見あげ星座に我が思いを馳せ参ずる
と心の想いが透き通り清々とする

一人静かに天空を仰ぐ 平成20年1月1日 クオリア

リコーダクラッシックMIDIサイトより 日本の唱歌メドレー

« 秋の別れの日 | トップページ | 吉村 昭著「死顔」を読んで »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 新しい歳が明けました。どんな一年が待っているのでしょうか。今年もよろしくお願い致します。生きてきたことを感謝できるのはすばらしいことだと思います。私らも見習いたいことです。

どんな年になるのでしょうか

平常心で「一寸先は闇 か光か」に緩やかに対応したいと思います。

昨年同様よろしくお願い致します。

クオリアさん、
新年おめでとうございます。

美しく、そして重みのある言葉の素晴らしい詩です。

大先輩のクオリアさんから生き方を学ばせていただいております。
ありがとうございます。

MICHIKOさん ことしも どうぞ よろしくおねがいいたします。そしてスケッチ画と旅写真を楽しみにしております

わたくしの独り言にお褒めのお言葉いただきありがとうございました。

 明けましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いします。

 ことしの正月はひたすら寝てしまいました。いくら寝ても寝たりないのです。典型的な「寝正月」。正確には「眠正月」だったので、ちょっと意味は違うような気もしますが・・。

schmidtさん 今年もよろしくお願い致します。
正月 さんがにち、「眠正月」とは良かったですね

地球環境破壊が急激に襲う年になりそうで不気味に感じます。
もったいないの言葉がまた使われるにならなければなりませんね

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の別れの日 | トップページ | 吉村 昭著「死顔」を読んで »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ