« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008/03/25

生と死の葛藤

このような記事を書くこと・読むことは暗くて避けたいと思いながら書くことがなくなってきたからか・青壮年時代の楽しかったことを書いても現代の方々は目もくれないであろう。今はIT時代である。分らないことは検索機能を使いば直ちに答えがでる。ますます発展してゆくであろう。

TVゲームと同じアクションが現実に実行されて大きな衝撃となってるいるが次から次に発生しているので「またか」と思う時代である。命はなんなんだろうと思う。

生と死を高齢者の私がどのようにとらまえているのか書いてみたくなった。

生を活発に楽しみ謳歌している青壮年時代は死のことなど考える暇などなく生(仕事)に没頭していた。仕事が無くなりヒタヒタと押し寄せてくる死と言う世界を寿命年齢を超えてみてはじめて恐怖として知ることになった。死の世界を知ってる人は誰もいない。

周囲から親友も友人も逝ってしまうと、生と死への心の葛藤が大きく私の脳の中を駆け巡る。経験していない長生きをしてるいるために私を取り巻く新たな悩みの予測が多く襲ってくる。

その一つには妻にも子供にも世間さまにも迷惑をかけるボケにはなりたくない下の世話が出来なくなるまで生き延びたくない。時間があるからいろいろ予測し悩むのである。

高齢者夫婦自宅が火事・発生そこに住む老夫婦や 老親子の焼死体が発見された火災原因調査中と新聞・TV報道が非常に多い。介護に疲れ果てた末の殺人も多い。
苦しかったであろう 生の地獄を見てるようだ。

予測し悩む原因はやはり老化現象である。夜尿に目覚めるのも熟睡と言う快適な若いころのようにはいかなくなるからだろう。眠りが浅くなるといろいろの悩みごとが嵐の前触れの黒雲がもくもくと脳内を襲うのである。

佐江 衆一著「長きこの夜」に次のような一文が私の心に衝撃を与えた 

97歳の父の股間をむき出し、紙オムツの蒸れた悪臭に鼻をまげ顔を顰め、みじめな姿生き長らえる血のつながる男への悪相を浮かべながらも、あれあれおじいちゃん、こんなにもらしてしまって駄目じゃないかと孝行息子の猫なで声でいい、白髪まじりの陰毛と尿にまみれた萎び男根を指先につまんで裏返しては清拭し、新しい紙オムツをあてがいながら、いい加減に死んでくれよ、母のいる冥土へさっさと逝ってほしいと神仏に念じ、♪イツマデ続く泥濘ゾ と軍歌の一節を大声に歌うわけにいかないから力なくつぶやいておのれを鼓舞しながら、尿にまみれた紙オムツをほうり込んだビニール袋をさげて部屋をでるのだった。・・・・・・

高齢化に待っているのは必ず辛い人生終末劇を迎えねばならないと覚悟を決めておかねばならないと思う。

散歩ですれ違う杖を突きながらの老婆にむかって、頑張ってください 長い間ありがとうと心で呼びかけるこのごろである。自分にも言い聞かせているのかもしれない。

今日3月25日は4月下旬の天気だと報じていた。紺碧の空である。

唱歌早春賦

「d-sosyun.mid」をダウンロード
右サイドバー「ラインムジーク」より

早春 語ることなし  

早春賦

作詞:
作曲:
吉丸 一昌
中田 章
1.春は名のみの 風の寒さや
  谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
  時にあらずと 声も立てず
  時にあらずと 声も立てず

2.氷解け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ
  さては時ぞと 思うあやにく
  今日もきのうも 雪の空
  今日もきのうも 雪の空

3.春と聞かねば 知らでありしを
  聞けば急かるる(せかるる)
  胸の思(おもい)を
  いかにせよとの この頃か
  いかにせよとの この頃か

2008/03/16

唱歌冬景色の歌詞に思う

「d-fuyugesiki.mid」をダウンロード

唱歌冬景色は昭和一桁生まれの私はこの歌をよく一人で口ずさむこの歌詞の解説を「日本の童謡」池田小百合著(実業之日本社)で読んで初めて知った。冬がつくから冬の歌と思っていた。たしかに歌詞には雪や霰は出てきません。

一番は朝まだ寝ている人 二番では「人は畑に麦を踏む」と昼に畑で働く人が登場しています。三番は「日は暮れぬ」と仕事を終えて家の中で休んでいる人に注目しています。・・・・
人間の一生ととらえることもできるでしょう。静かな朝の始まりは幼年期、昼は鳥も人も花も元気に生きている活動(青年)期、三番は嵐の後で日が暮れ眠りにつく休息(老年)期を象徴しているのかもしれません。・・・・・

三番 「嵐吹きて雲は落ち、時雨降りて日は暮れぬ。

         若し燈火の漏れ来ずば それと分かじ、野辺の里」

*「それと分かじ」そこに家や人がいることがわからない

私は政府が名付けた75歳以上「後期高齢者」ですがこの言葉は姥捨山に通ずるようにも聞こえる道程を生きています
昨年の今頃に鶯の初音を聞き感動いたしましたが今朝に初音を聞きましたこれが去年の初音が昨日に聞いたように思えたり 若き日の情景ほどハイビジョンのごとく色彩あざやかに見えるようになりました。そして悔いばかりが浮かび上がり後悔してもなんにもならなのに何回も反芻するのです。もう後がないことを、後期高齢者というのはこのことか

時間のスピードがドンドン速く感ずる 今日も「若し燈火の漏れ来ずば それと分かじ、野辺の里」と口ずさむ。

唱歌 冬景色の歌詞を深く知りますますこの唱歌が好きになりました。

2008/03/09

妻の風邪・私の風邪

2月頃から咳・鼻水を盛んになっていた妻がついに寝込んだ38.5℃の高熱をだした。私は看病に努めた。7日間で風邪ウィルスはいなくなった。

ウイルスは私の体に吸いついたのだ抵抗力のなくなったと、がっかりした未だ風邪は引かなかったのに、38.7℃の高熱がウィルスを殺してくれたらしい治るまで7日程度もかかった。

老夫婦ともに今年は風邪をひいてしまった。肺炎でも併発してらこの世におさらばかと思いながら寝て過ごした。

私は仕事も無くなり、なすべきことはすべて終わってる身なので昔のことを思い浮かべていた。特に少年の頃に麻疹にかかり高熱をだしたとき、母が心配そうに懸命に氷枕と額のタオルを洗面器の冷水に何回もつけては取り替えてくれた。私は「母ちゃん坊は死ぬのか」と尋ねたと聞いたと言う 私は覚えてはいないが 

私は高齢になり風邪をひいたことが幸せに感じた。高熱のために母のことを思い出し「もう78歳になるよ母さんありがとう」寿命年齢だよ 

老妻の看病も新しい絆になったような気がした。

3月9日今日の天気は春風が吹き紺碧の空が美しい。鳥の鳴き声・空から航空機のエンジン音がかすかに聞こえている。午後近くの公園に散歩しようと思った。ゆっくりと歩こう

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ