« 自分とはと考える日々終わり | トップページ | 水無月 »

2008/05/29

日々のニュース

デジタル放送開始が数年先に開始されると報道されている。パソコン機能も融合された新機種のTVがあふれるように発売され続けている。一方放送している番組をみて私が鑑賞したいと思う番組はない。ニュースは毎日悲惨なニュースばかりである。

敗戦後,祖国復興の「錦の御旗」を心に掲げ働いた。そして退職して13年たった。

豊な生活は実は環境破壊に繋がりそして競争主義が心の退廃につながった。
このような現状になることを予見していた賢人もいたのにその意見は取り上げられず「豊のことは好いことだ」と思っていた国民が大多数であった。私もその一人である。競走馬の眼に正面しか見られないようにしたメガネを付けられたように「豊な社会」に向い全力疾走を続けた。

先進国が消費する膨大なエネルーギーが地球環境破壊につながり自然とともに生きている発展途上国の人たちが飲料水としている地下水までが海面上昇で塩分を含み飲めなくなっている。そしてかつては肥沃な土地で農作物が豊富に育っていたが塩分水では育たないという。

人工衛星からみた地球汚染がいかに大きいか知るこができた。

大量消費・大量廃棄・が人間と同じ遺伝子をもっている地球上の生き物まで絶滅破滅させているとの報道がなされている。朱鷺だけではないのにと思う 一日に一種ずつ絶滅していると聞いた。

私は今使ってる水があまりにも清潔で豊富に使えることが心の大きな負担になっている。

朝の歯磨きもコップ一杯で済ませたり、油気のなくなった老いた顔はタオルで拭くだけで充分だ。 こんなことをしても汚染防止に寄与しないことは分かっているが塩分の含まない地下水を求め歩く発展途上国の人達に申し訳ない気持ちでいっぱいになるからの行為である。

地球温暖化をもたらした先進国にも大きな被害をもたらしている。気象の大異変が起きてきた日本も水害・米減収そして海面上昇で東京・大阪・伊勢などで浸水被害が予測されている。光化学スモッグ・熱中症も 樹林も大きく枯れる被害が発生する。新型のインフレインザウイルスも発生するのではないだろうかとも危惧する。

対策は遅々として進まない 今からではもう遅いと思うがドーシタライイノダロー
今こそ自分からなにをしなければならないかを考え実行していかねばならないと思う。役所から通知がないからではなく自ら行動に移すべき時だと思った。

私が長く生きながらえていることが社会に迷惑をかけている思いが日ごとに強まる。今朝も生きていた。

新聞広告には新車・TV・etcと宣伝されていた。 

飢えて困っている人に役に立つ活動しているNPOへ気持ちだけでも寄付して自分の心の負担を軽くしたいと思う毎日である。今日は気温10℃と昨日より12℃も低い気温の乱高下がひどい
毛糸のセータを着て冬姿で散歩しながら「世界は絶滅するしかない」と思い気持ちは落ち込んでいたが、分子生物科学者である柳澤桂子著「生きて死ぬ知恵」小学館を購読したなかの一文が頭に浮かび私の心を軽くした。それは44ページの後半部分の文章である。

・・・・いまから二億五000万年前の大絶滅は一番規模が大きく、地球上の生物の九五パーセントの種が絶滅したという。私たち人類の祖先は、生き残った五パーセントのなかに入ったのである。もし奇跡という言葉が、この世でたったひとつの不思議にしか用いられないならば、いま、いのちが存在している事実そのものを挙げるしかない。一個の生命が発生してくる過程もまた神秘に満ちている。これらを知れば知るほど、子供たちは自分がいかに奇跡に満ちた存在であるかを理解するであろう。・・・・

環境問題に熱心に取り組んでおられる柳沢桂子さんがブログを公開されていましたので私は訪問しては感動し私の残り少ない命を大切に過ごす意義を見出すブログでもあります。いのちの窓をクリックするとリンクします。
{「いのちの窓」は問い合わせが多いのでブログからHPに移されております。}

柳沢桂子 いのちの窓
詩は柳沢桂子さんのブログトップページからです
Song

« 自分とはと考える日々終わり | トップページ | 水無月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

縄文人のことを思い出します。一万年もの間、ほとんど進歩せず自然と共に生活してきたのですね。
我々は50年前には21世紀に夢をいだいていたんですね。理想の生活が実現するだろうというような!
こんな事態になろうとは、考えてもみなかったことです。でも後戻りはできないんですね。科学の力が現状を打破するだろうと思っている人たちも多いんですね。しかし、なかなかそうはいかないでしょうね。
悲観的な今世紀末の予測が出てますが、人間がいなくとも美しい地球は何も変わらないなどとの自虐的なものまであります。
そのうちに人間の考え方をすっかり変えてしまう根本的な思想が出てくるような気もしております。

watari41さん コメントありがとうございました。人間が繁殖しすぎて逆ピラミッドの生態系になっていますよね
ここまで破壊が進んだら人間の力では回復できませんね 新車が続々売り出されていますし。

<人間の考え方をすっかり変えてしまう根本的な思想が出てくるような気もしております>

だと思いますが もうまった無しの状況なのに 関心がないですね 恐ろしい破滅が現実に起きていても!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分とはと考える日々終わり | トップページ | 水無月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ