« 好々爺のつぶやき | トップページ | 公園の池に放たれた かめぞう »

2008/08/25

晩夏の冷たい雨に思う

8月25日午前11時の散歩に出かけた。天気予報では9月下旬の気温と報じていた。晩夏といえ異常である。
老後の私の散歩は散歩と思って歩いてはいない四国八十八カ所を巡る巡礼と同じと思って歩いている。私の結願は歩けなくなるまで歩いて考えることである。

般若心経の経文のうち「是諸法空相」を生命科学者の柳澤桂子著「生きて死ぬ智慧」(小学館)の心訳には

お聞きなさい あなたも宇宙のなかで粒子でできています 宇宙の中のほかの粒子と一つづきです ですから宇宙も「空」です あなたと言う実態はないのですあなたと宇宙は一つです

と訳してあった。なにか嬉しい気がした。悟りの世界に到達した方は幸せであるとおもう。また柳沢さんの あとがきの一文に私は嬉しさが込み上げた。

・・・・・とくに老いの苦しみは、言葉では言い表せないような寂しさと苦しさをともなう。このようなときに、あるがままの自分を受け入れる修業をつんでおくことは、これからの社会にとって、ぜひとも必要なことであると思う08825 ・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

晩秋のような冷たい雨に道端の草花は戸惑っておるのではないかと思った。

四季の雨 文部省唱歌の秋の歌詞が似合う冷たい雨である。まだ実のつけていない木々も困っているのでのではないか

落葉がますます多くなってきた。 
狂ってきた地球 犯人は人間 私もその一人 せつない。

秋の歌詞は

おりおりそそぐ秋の雨、
木の葉
(このは)木の実(このみ)を野に山に、
色様々
(さまざま)に染めなして。
おりおりそそぐ秋の雨。

« 好々爺のつぶやき | トップページ | 公園の池に放たれた かめぞう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>あなたも宇宙のなかで粒子
物理的に表現すると、まさにその通りなんですね。しかし生命体となった粒子の塊が活動できるのは、その環境条件如何なんですね。これまでの環境条件が変わってしまう。あるいは自分が老いてしまうと、生き難くなってしまう。柳沢さんは、良いことを言われますね。

ここのところの寒さで今年の紅葉は駄目になるのではないのだろうかと思っています。自然条件がこんなに変わるのを気象予報士は、ことも簡単に原因を説明してますが、こちらは、その底にあるものを知りたいんですね。

<自然条件がこんなに変わるのを気象予報士は、ことも簡単に原因を説明してますが、こちらは、その底にあるものを知りたいんですね。>

まさにおっしゃる通りなんですね。環境が破壊されてる南極の氷壁とうとうをTVが放映してくれますが 現代の若い男女が現代風の服装でニコニコしながら劇風に紹介するのですから少しも緊迫感がなく対策もなく架空の映画を見ている感覚ですね 壊滅的なことが着々と起こってきていますのに。 コメントありがとうございました。
日本では暗い話は出来るだけ避けたいと思う気持ちが大きい民族ですからね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 好々爺のつぶやき | トップページ | 公園の池に放たれた かめぞう »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ