« 夏季の野鳥囀りは強い | トップページ | 好々爺のつぶやき »

2008/08/08

般若心経

般若心経を暗唱できないでいるが読むほどにわからないが教えられるところが大きいような気がする。よくぞ人間の心理とゆうか宇宙規模の交響詩と感じるのである。ベートーベンの交響楽「運命」を聴くときの思いと似ているとおもう。

こんなことを気温32度の散歩中に考えていた。読書は分からなくても読み込めば分かると言う例えどおり 毎日読んでみてもなかなか暗証できない。内容が分かれば暗証できるのかも知れない。

こんなことを考えながら歩くことができる。まだ視覚もある。聞こえる。感触もある。当たり前のことができることがそして、しゃべれる こんな幸せはないと思うと、暑い夏も気にはならない 汗をかいた時、風が肌を時折なでてくれる清涼感はクーラでは感じられない。

般若心経ではこれを空の感覚とよんでる。Siran

現代はますます生きる悲しみを過当競争で倍増している。オリンピックが始まった。生きるための平和な祭典が悲しい祭典にならないように祈る 生きることが異常な悲しみの状態になりつつある現代である。

と思いながら今日も生き延びた。

« 夏季の野鳥囀りは強い | トップページ | 好々爺のつぶやき »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ハスの花と般若心経というか仏教とはよくマッチしますね。亘理のお寺の前にある大きな池にハスが一面に咲き誇る様は、何ともいえない状景です。極楽浄土の世界とはこんなところかと。2千年前の大賀ハスです。普通のハスより大きな花なのです。また、平泉金色堂の遺体にもハスの種が一緒に埋葬されてましたが、日本人の感性にうったえるところが大きい花なんですね。
般若心経には仏教の真髄がこめられているとよく聞きますが、本当に読むほどにわからなくなってきます。
現代人は、自然を破壊しながら、自然保護をうったえるという相矛盾したことをやっておりますが、いつまでこういうことが続けられるのでしょうか。

<現代人は自然を破壊しながら、自然保護をうったえるという相矛盾したことをやっておりますが、いつまでこういうことが続けられるのでしょうか。>

地球上のすべてが破壊する時がまもなく来るのでしょう。新型インフレインザから破滅が始まるような気がしてなりません。

夏か秋の気候が交互にくる、この頃の天気もすでに狂ってきていますね。コメントありがとうございました。

般若心経の暗唱に挑戦ですか。
素晴らしいですね。
この挑戦は見習いたいです。

32度の中を散歩ですって、炎天下の散歩、反対。
私は30度を超すとエアコンの部屋で昼寝です。

ようこさんコメントとご注意ありがとうございました。木陰の中をぐるぐる回りながらの散歩方法です。時間も40分くらいです。般若心経の暗証は記憶力減退で難しいです。

般若心経の朗読を聴いたことがあります。
とても美しい語りですが、何度聴いても難しかったんです。

気温32度の時の散歩は少し身体にひびきませんか?
もし出来れば 日中から早朝に散歩時間を変えられるといいかもしれません。
早朝のウオーキングは肌寒い程でとても気持ちがいいですよ。

michikoさん コメントと散歩時間のアドバイスありがとうございました。

般若心経の暗証は難しいです。でもあきらめずできるところまでと思って勉強中です。柳澤桂子著「生きて死ぬ智慧」を読んで世の中には素晴らしい人が居るものだと感動しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏季の野鳥囀りは強い | トップページ | 好々爺のつぶやき »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ