« 葉桜の紅葉 | トップページ | 雲と同じ目線で眺めた »

2008/10/31

秋季の最後の日

今年の秋は米国発の金融危機で世界が荒れ狂った。日本は国の借金である赤字国債30兆円超を追加発行せざる得なくなると報道されている。また投機マネーが石油価格高騰まねいた。

庶民の打撃は大きい、後世に借金を残すようなことにならない景気対策が必要である。
そのためには明治維新なみの大改革が必要だと
秋季の最後の日,鱗雲を仰ぎながら嘆く  

Urokogumo31

« 葉桜の紅葉 | トップページ | 雲と同じ目線で眺めた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 明治以来の大改革が必要。その通りだと思います。目先の選挙対策に終始するような政治家群は舞台を去ってほしい。

 有権者(国民)サイズの政治しか期待できないことも、一人ひとりが肝に銘じないと、この国は本当に大変なことになるような気がします。

 この60年同じ体制の治世が続いているんですね。世の中はめまぐるしく動いているのに、旧態依然たる状況では世界の大勢に遅れをとってしまいますね。
 千兆円にものぼる借金も、結局は個人の預金が担保なんですね。外国からの借金ではないのからよいのだというのですが、これまたおかしなことですね。

schmidt さん watari14さん おっしゃるとおりですね。

私たち国民が決起しなければ日本沈没もありうることだと認識し行動に移すときですね。

西郷さんのようなリーダーが出現することを願うばかりです。

日本は今、大きな転換期に立っているのですよね。

国民にお小遣いをばら撒き、経済危機対策とするのは あまりにも子供じみているような気がします。

michikoさん 子供じみた政策は実現するどころか悪い方向に向かう気がしてなりません。われわれの貯蓄をあてにしているのですから。

コメントありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉桜の紅葉 | トップページ | 雲と同じ目線で眺めた »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ