« 広瀬川畔秋の情景と美術館 | トップページ | 晩秋の詩 »

2008/10/24

晩秋の風景

今年の秋も、すぎさる川の流れのように往く 虫の声もか細く鳴くようになった。みみずやカマキリが晴れてアスファルトが暖かくなると歩道にでてくるのだ。何匹かは土に戻してやったがきりがない。昆虫も暖められたフェンスに体を密着させて温めていた。私もセーターを着て歩くようになった。寒気がおとずれる前触れだとおもう。冬将軍の斥候がこのごろの気温であろうか

« 広瀬川畔秋の情景と美術館 | トップページ | 晩秋の詩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ、サンバのリズムでしょうか。
明るくリズミカルな音楽はいいですね。

ようこさん 過ぎ去る秋は明るく送ってあげようと思って♪

コメントありがとうございました

秋から冬への助走が始まる美しい映像ですねぇ~!

こんな昆虫を総じて「バッタ」と呼んでいますが、
イナゴでしょうか?

michikoさん コメントありがとうございました。

冬型の気圧配置が今日26日からくるようですね

虫はバッタとおもいますよ 

 深まり行く秋の状景が実にうばらしい映像と音楽で構成されてますね。感激してみました。

watari41さんコメントありがとうございました。
今年の秋もおわりですね 冬型の気圧配置になってきました。

インフレインザに気をつけなければと思うこのごろです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広瀬川畔秋の情景と美術館 | トップページ | 晩秋の詩 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ