« 雲と同じ目線で眺めた | トップページ | 生きることに疲れた高齢者の自死 »

2008/11/12

小春日和

11月もはや半ばになるここのところ小春日和に恵まれている。小春日和となずけた人は誰でしょう いい言葉である。

紺碧の空にトンビが2羽舞っていた。寿命到達したバラは凛として空を仰いでいた。Photo

自然は平穏な時が流れているが人間の世界は殺伐としているのが悲しい

南条 亮 著「人間この愚かですばらしきもの」を読んだ絵をみた そして思った。物のなかった戦中戦後時代 飽食の現代 も愚かな行動を人間はする。

南条さんの言葉

{人間は性懲りのない生きものである。歴史という気の遠くなるような 時間を費やしてきたにもかかわらず、 「いのち」とは何かという単純な問いかけにさえ、
いまだ答えを見いだせないでいる。}

空を仰いで感じていた戦中・戦後をかけぬけてきた11月に78歳を迎える私を!

« 雲と同じ目線で眺めた | トップページ | 生きることに疲れた高齢者の自死 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

晩秋の晴れた空は とても気持ちがいいですねぇ~。

もうすぐ霜が下りる季節ですネ。今朝は吐く息が白くなりました。

michikoさん そうですね吐く息がみえるような気温になってきました。

冬到来 すぐ後には春が涙してついてきています。

我が家の今年最後のバラを切っていけているのが散り始めました。
冬のバラは、色が濃く春とは違った美しさがあります。

来年も咲いてくれるので、そろそろお礼肥の時期です。

ようこさん コメントありがとうございました。
晩秋のバラは綺麗ですね 寒さに向かって散ってゆく姿が好きです。お礼肥ですか 大切なことですね 翌年には必ずこたえてくれますから。

 昨日、今日とすばらしい天気でした。春には沢山の花がありますね。秋にはほんの少々の花です。そこで小春なのでしょうか。何とも自己流の勝手な解釈です。
 「いのち」とは何か?。これは人類の滅亡まで続く課題なのかも知れませんね。一人一人が感じている「いのち」が、それぞれにちがうんですね。

watari14さんコメントありがとうございました。

原子爆弾を広島・長崎に落され大変な被害を被った事実があるのに世界の各地で戦争やテロが続いていますね。

<「いのち」とは何か?。
これは人類の滅亡まで続く課題なのかも知れませんね。一>

そう思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雲と同じ目線で眺めた | トップページ | 生きることに疲れた高齢者の自死 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ