« 秋季の最後の日 | トップページ | 小春日和 »

2008/11/06

雲と同じ目線で眺めた

秋の空気は透きとおっている

晴天の日 空を見上げる

ひろいひろい瑠璃色で染められる

雲が太陽の光を受け龍や人や花になり

ふんわり浮かび秋風に乗って移動する

その模るすがたはうつくしい

山に登りその雲を目線を合わせてじっと見つめる

それはそれは宇宙の美しさを感じた
                      emptyクリックすると全画面で閲覧
Zao

« 秋季の最後の日 | トップページ | 小春日和 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 雲がふんわり浮かんでる。見上げる雲と、水平にみる雲では趣を異にしますね。風によって動かされる雲。自然の現象を、その場で感じることができるのも、元気で生きているからこそですね。

watari14さん コメントありがとうございました。世の中激変ですね

雲の流れを毎朝 美しい!! と感動して眺めるのが一日の始まりになっています。
水彩で この色は出せるかナァ~とか こんな形の時は何色を塗ってから 何色を重ねるのがいいかしら?などと考えて見つめているのです。

michikoさん も空を見上げていますか 良いですよね

今日から立冬ですね 冬景色の水彩画をお願いします。

冬が来ればあとには春が続いています。四季の流れと共に歳を重ねることも幸いです。

 雲が風に流れるさまを見るのがとても好きです。

 都心のマンション暮らしは、自然とは縁遠いものです。マンションが林立する空間でも、5階ぐらいになると、空が広々と見える場合があります。

 わたしの自宅ではPCに向かった状態で右を見ると、そんな方角になっていまして、雲が流れるのをながめては気分転換していますよ。

schmidt さん 雲や空に関心をもつことをたのしみになってきました。仕事がなくなって初めて気がつきました私です。

コメントありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋季の最後の日 | トップページ | 小春日和 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ