« 春待月の小春日和に歩く | トップページ | 私の歩く靴底が新雪へ刻印に思う »

2008/12/09

丈夫ナカラダヲモチ 欲ハナク

Photo_3

東京都若年認知症生活実態調査では、無職と回答した人のうち76.5%の人は認知症によって仕事を失っていたという。

認知症はストレスが体に与える影響が原因なのだろうか?若年認知症になると悲しみが大きく広がる。

加齢になるほど認知症になる可能性があると専門医はいうけれど・・・日常生活で防ぐ方法を医療ジャーナリスト 安達純子さん「脳の不思議」と題したなかに書いておられた。

「生活スタイルとしては、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩の中に”健脳”のヒントが隠されています」・・・・・

♪丈夫ナカラダヲモチ 欲ハナク{脳の大敵であるストレスの根源は“欲”です}それを防ぐ方法として{決シテイカラズ イツモシズカニワラッテイル}・・・

私は宮沢賢治さんの作品は大好きで時々声に出して語ります。それは人も植物も山もすべてを語っています。宇宙として語っているのです。葉っぱの写真のように養分を運ぶ管が縦横に走っています。人の血管のように この葉っぱも雨ニモ 大風ニモマケズニと言ってるように見えました。

「雨ニモマケズ」

« 春待月の小春日和に歩く | トップページ | 私の歩く靴底が新雪へ刻印に思う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

 うーん、そういえばわたしの場合

 丈夫ナカラダヲモチ 欲バカリ、かもしれません。自戒、反省。

schmidt さん コメントありがとうございました。 欲にも良い欲と悪い欲があるように思います。なにも欲がないとやる気が出ないかも

「アメニモマケズ」は学生時代も大きな声で朗読しましたが
年輪を経た現在は内容の意味を深く感じながら、
ゆっくりと読んでみたいです。

michkoさんコメントありがとうございました。

<年輪を経た現在は内容の意味を深く感じながら>
同感 同感

 イツモシズカニワラッテイル・・。難しいことですが、幸福の極みを求めようとする行為の一つなんでしょうね。それがストレスをなくすことと合致することでもあるのでしょうね。

watari41さん コメントありがとうございました。

宮沢賢治さんも「コノヨウナヒト ニナリタイ」と結んでいますよね

難しいことですけどいつも意識していれば少しは近づくのではないかと思うようになりました。

はじめまして、生駒の風と申します。

私もずっと昔は宮沢賢治の作品を声を出して読んでいました。しかし このごろ少し忘れていたような気がします。

五木寛之さんの著書からの言葉「人は生きているだけで価値がある」はすべてを受け止められたように感じます。

自分の中にある悪い欲をなくし、生きている自分の価値を認めることができたら ストレスは生じないかもしれませんね。

まだまだ迷ってばかりいる私ですが、「雨にも負けず・・・・」を思い出すようにしたいです。

生駒の風さん コメントありがとうございました。

<自分の中にある悪い欲をなくし、生きている自分の価値を認めることができたら ストレスは生じないかもしれませんね。>

私も同感ですよ いい言葉をいただき嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春待月の小春日和に歩く | トップページ | 私の歩く靴底が新雪へ刻印に思う »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ