« 耳鳴り | トップページ | 藍色庭石菖 »

2009/03/29

梅満開

我が家の梅が満開となった。それも花の数が多く嬉しかった。紺碧の空を背景にした梅はUme_4 見事である。ありがとうの言葉がでた。樹木は春を迎えて一斉に活動をはじめた。人もこの自然の営みから勇気をもらっている。

空気の澄み切っていて太平洋の地平線が今日はひときわ美しい。

自然とは何だろう

大辞林 第二版よると

おのずから存在してこの世界を秩序立てているもの。山・川・海やそこに生きる万物。天地間の森羅万象。人間をはぐくみ恵みを与えるTiheisen一方、災害をもたらし、人間の介入に対して常に立ちはだかるもの。人為によってその秩序が乱されれば人間と対立する存在となる。

とあった。人間は自然を愛さなければならない。制御してやろうなどと高慢なことを考えたならば自然界から人間は追放されるだろう と梅から教えられた。

Ume4_2

« 耳鳴り | トップページ | 藍色庭石菖 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

梅の香がただよってくるような写真です。
庭にお花が咲くと、なんだか嬉しくなるんですよね。

我が家もパンジーはもちろん、日本水仙、クロッカス、
クリスマスローズが咲き、ヒヤシンスのつぼみが膨らんできました。

チューリップ、ムスカリも蕾の準備をしています。

ようこさん コメントありがとうございました。

春本番を迎えますね ありがたい季節です。 楽しみましょう

クオリアさん

紺碧の空をバックに梅満開、これだけで心が躍ります。
拡大された梅の写真に、一瞬匂ってくるような思いがしました。
そして、たくさんの雄しべの数に「梅は一個の梅のためにこんなにたくさんの雄しべを用意している」と、感動を覚えました。

あおめさん コメントありがとうございました。
我が家の梅の姿を絶賛していただき、まことにありがたき幸せでございます。
梅の雄しべは懸命に新しい命誕生の準備している姿には感動します。
人も新しい命が誕生し古い命は逝く「自然」に、はぐくまれていることがよくわかりますね。

 ああ、いい花ですねえ。「馥郁たる」とはこういうときのためにある言葉ですね。梅の香が確かにしましたよ。

schmidtさん コメントありがとうございました。

<「馥郁たる」>いいことばですね 言葉をおぼいました。

 梅は咲いたぞ桜はまだかいな、などと言われますが、花のみならず、梅干は日本人には、なくてはならないものだったんですね。最近はめっきり見かけなくなりました。かつての梅畑も荒れるにまかせてますが、それでも懸命に咲いている姿を見かけます。

watari41さんコメントありがとうございました。
梅干しは家庭の主婦が作るものでしたが現代ではその大事な風習が消えてなくなりました。

家庭味の代表格である漬物もスーパーのビニール袋に入った味気ない食べ物ばかりになりました。

あちこちのお庭の梅を見ながら歩いていると鶯の鳴き声が聞こえて嬉しくなってしまいます。
例年早く咲く白木蓮がだいぶ膨らんできていましたよ!!
これから次々に花が咲き始めますね!!

michikoさんコメントありがとうございました。

梅の満開の姿は心なごませてくれますねそのうえ鶯が鳴きはじめました。今年も春爛漫の季節になりました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耳鳴り | トップページ | 藍色庭石菖 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ