« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/23

ユキヤナギのおしべ めしべの美しさ

公園のユキヤナギも今満開である。その美しさは枯枝に雪をいただいてる風景そのものである。しかし雪の結晶もマクロでみるとまことに幾何学的文様をみせてくれるがユキヤナギのおしべ・めしべは天然の美術品である。Hana2_4 いや神の造形された美しさに圧倒されてしまった。写真クリックでめしべおしべの芸術的美しさを見てください。

Yukiyanagi_2 ユキヤナギ全景

2009/04/17

東照宮のさくら花びら舞う

四月十四日午後雨の予報 老妻とともに東照宮の桜が色あせぬ間に午前中に急いで出かけた。参拝者もほとんどなくゆっくりと鑑賞することができた。

さくらの花びらが舞っていた 本当にさくらは散るのは早い 雨がふれば美しい姿はいっぺんに変容してしまう。

仙台東照宮は二代藩主伊達忠宗公が慶安2年(1649)から承応3年(1654)までの5年がかりで造営した神社です。江戸幕府への配慮から、徳川家康公を祀る、日光東照宮(栃木県日光市)を勧請し、人足:583675人、大工:129967人、材木:24730本、総工費小判22496両掛かったという一大事業でした。全国から棟梁や絵師、材料なども一流を求め、当時の技術の粋の結集した伊達文化の総決算のような存在と言えます。

とのことである。私は神社を造営した人足・大工・棟梁・絵師達の他愛の努力の成果であろう。この方々の人間ドラマを知りたいとおもった。

さくらの木は知っているが聞き出すことができればと、花びらが春風に舞う姿を追いながら思った。今年の美しいさくらをシカと目に焼き付けた。

Tosyo3_2

2009/04/10

藍色庭石菖

森羅万象、種保存の季節、春は活気に満ち満ちている。いつもと変わらぬ日課の「歩くを頭の体操」と思って歩きなれた散歩みちを新しき発見を期待し想像力をたくましくする。

ある家の垣根に美しい野草を発見した。人の手にかからないで進化してきた野草は感動の色彩を私に与えてくれる。美しさは春のやわらかな日差しをその花に注いでいた、母のまなざしの如く。野草の名前を帰宅してから調べてみた「アイイロニワゼキショウ」であった

Aiiro

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ