« 高齢者ブログの迷惑コメントに思う | トップページ | 入院した友の回復を祈る »

2009/05/25

親友から「旅たち」の電話

今日は5月24日気温23℃ 公園のバラも最盛期後半になってきた。撮影のために出かける寸前に固定電話着信音が鳴った。靴を脱いで急ぎ私は受話器を取った。

私の名を告げたが、かすれ声で聞き取れない 私は再度名を告げた。ひどく落ち込んだかすれ声でTMです。「どーしたの」 「肝臓ガンで入院することになった。財産整理をしていたがどうしても元気がでない 君の声を聞くといつも元気がでるから」とかすれた低い声で言った。 私は答える言葉を探していたが「え~」「え~」 としか言えなかった。

お酒は飲めないのに肝臓が悪いのだと重ねて言っていた。

TM君は「電話またするよ さよなら さよなら」

いつもの電話では「ではまたね」で受話器を置いた。今日は「さよなら」である。ちょっと待って、といいかけたが受話器は切れた。もう覚悟はできているのだろう

TM君は私の故郷新潟で町内も同じであった。幼少のころからの友であり腕白であった私に愛着を持って付き合ってくれた。MT君のお母さん お婆ちゃんも私を可愛がってくれた。一生忘れえぬ方々である。

歳月は流れMT君は私と同い年の79歳となっていた。奥さんは8年前に死別され一人暮らしで元気に暮らしていた。2か月一回は電話で昔話をしていた。

話の内容は金太郎飴のごとく同じである。

昨年あたりから肝臓が悪いので専門病院に通院するようになった。と言っていた。そして気弱なことをゆうようになってきた「夕方暗くなってから帰宅すると自宅の電灯がついていないので寂しい」裏日本は春夏の季節だけは空は明るいが秋冬はどんよりした灰色につつまれる裏日本特有の憂鬱な気候となり気が落ち込んでいるときはこの灰色のどんよりした風景は憂鬱の追い打ちをかけてくるようだった。

受話器を置いて公園の薔薇を撮影にでかけたが気が落ち込んでいる。薔薇ももうすぐ枯れ茶色になって地面に落ちる。人生も同じだと思った。元気で活発に遊んでた時があったのだ今撮影しようとしてる薔薇のように輝いていたではないか 私の旅たちも必ずくる。すべての人にも同じようにくる。気を取り直しTM君に薔薇を贈ると念じながら撮影した。

TM君には白薔薇が似合うとおもった。

Sirobara

« 高齢者ブログの迷惑コメントに思う | トップページ | 入院した友の回復を祈る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親友TMさんからの電話のお話、しんみりと読ませていただきました。クオリアさんもさぞかし、辛く、お寂しいことでしょう。

自分の弱みや覚悟を話せるような友クオリアさんがいらして、TMさんは友だちには恵まれましたね。

ようこさんコメントありがとうございました。

楽しく生きようと思っています。

お酒を飲めないのに肝臓を悪くする人が結構多いんですね。イザとなると、なかなか覚悟を決められないものですが、TMさんのお気持ちがなんとなくわかるような気が致します。

watari41さん 肝臓は化学物質の影響もあるのかもしれませんね。最近スズメが激減しているとか奇形のタンポポが発生しているとか
インフレの強毒性に変異するとか
われわれ人間のせいですね。ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者ブログの迷惑コメントに思う | トップページ | 入院した友の回復を祈る »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ