« 残る桜 | トップページ | 高齢者と新聞 »

2009/05/19

ゴンドラの唄

目を覚ます。まだ午前3時か、まだ生きていたかとおもうこの頃である。 

TV映像には新型インフレインザや環境汚染で海水面がどんどん上昇してサンゴ礁の島が全滅すること必至だと報道されていた。日本の個人の方が対策としてマングローブの苗を必至で植えている映像を見て頭をたれた。国レベルでの対策はないのである。

10センチ以上の水面上昇も出ているのではないかとされていると報じられていた。水面上昇はこの海水温の上昇の結果である、大気温の熱を、海が蓄えた結果だとゆう
海は人間活動で吐き出された大気中の二酸化炭素の1/4を吸収し海の表面温度が高くなると、その分海面の二酸化炭素の吸収能力が低下し、結果的に温暖化を食い止める機能が弱くなる悪循環が始まっているというのだ 怖い

エコエコと掛け声だけで対策は何もない。新型インフレと同じでワクチンはないので手洗いとマスクである。

海水温が上昇すれば気象異常が発生しハリケーンが多発。また農作物も不作が続く人間は地球をここまで破壊してきた。地球人は大きな病にかかっている

人の生老病死と同じなのだと思って天井を見つめていた。ゴンドラの唄をハモッテイタ 黒澤明監督「生きる」の名場面「志村喬が演じる渡辺課長は胃がんを宣告され余命いくばくもないと知ったときの死との葛藤と残りの日々をどう生きるのか 町民からの要望であった児童公園の建設をやりとげ夜更けの公園のブランコにゆられて唄う一つ覚えの「ゴンドラの唄」の美しさは忘れられない。

地球人が破滅する今なにかをしなければいけないのではないだろうかエコエコ踊りでなく実行のときである。だが寿命余命いくばくも無くなった私は「ゴンドラの唄」を唄い「明日の月日のないものを」と締めくくった。

パソコンのセキュリテイソフトからウィルスがでました。ワクチンソフト?をダウンロードしてください。とメールが入った。ウイルスはすべて後手後手の対策だパソコンも。

« 残る桜 | トップページ | 高齢者と新聞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>日本の個人の方が対策としてマングローブの苗を必至
>で植えている映像を見て頭をたれた。

 財団法人「OISCA(オイスカ)」の宮城県支部の関係者が今年3月にフィリピンに行ってマングローブの植林をしてきたそうです。
 たまたま会社の関係でオイスカの支部役員をしています。年度報告の中で聞いたばかりでした。関係者も「とかく不満ばかり唱える世の中だが、フィリピンの子どもたちはとにかく明るかった。経済的には恵まれていないはずだが・・」と嘆いていました。

 経済的な価値が優先される世の中を、しっかり変えていく必要があるんだと思います。どうかそのためにメッセージを発信し続けてください。お願いいたします。

そうでしたか行動で示していただいたことは私も日本人として誇りを感じます。
<経済的な価値が優先される世の中を、しっかり変えていく必要があるんだと思います>
まったく同感です今の政治を変えてこそ新生日本が生まれると信じています。schmidt さんよろしくお願いいたします

景気対策に何兆円もの出費をして、それがまた温暖化を進めると言う側面もあるようです。何分の一かでもマングローブに当ててほしいものですね。
ここ2年ほど台風が来ていないのですが、これも温暖化で進路をかえたのではなどと考えています。

watari41さんコメントありがとうございました。
政府も国民も経済優先でベロばかりのエコエコで実行はされていません。先進国のCO2発生の犠牲になるのは発展途上国の人たちですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残る桜 | トップページ | 高齢者と新聞 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ