« 高齢者と時間と宇宙 | トップページ | 海の日に鶯の囀りを聴く »

2009/07/14

梅雨にかすむ見事な百合

梅雨があけぬな~草花がしっとり露を含んでさいている。梅雨がまだあがらないうちに文月もなか頃をむかえた今日十四日午後散歩に出た。

いつもなにかしら私の脳に浮かんでくる事象は印象深い本を読んだ時である。

「ニュートリノ入門」「超ひも理論と影の世界」ほか3冊を纏めて購入してよんでいるので今日の思いは人の世から認められていた知識である常識は現代物理学はじめ生物学等々の進歩で打ち破られてゆくようだ・・・「君そんなことは常識だよ」と言われない世になったな~と考えて歩いていた。

国見峠の方面で、それはそれは美しい百合に出会えた。花色をなんと表現したらよいのかわからないくらい 美しい姿と色合いであった。

Yuri2

« 高齢者と時間と宇宙 | トップページ | 海の日に鶯の囀りを聴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ほー、きれいですねえ。百合というと、どうしても白い百合をイメージしてしまいます。連想の硬直化を、やんわりとたしなめられる感じです。

<連想の硬直化を、やんわりとたしなめられる感じです。>

この言葉ですね ピッタリです

ありがとうございました。

お写真、とっても綺麗に撮れていますヨ!!
見事な山百合に出会うとその高貴な花の姿に打たれて暫し無口になってしまいます。
以前に須川高原からの帰り道に、一迫ユリ園に寄りましたらちょうど開花状況がよくて とっても綺麗でした。

百合の写真の切り取り方、いいですね。

我が家でも、カサブランカを植えていますが、蕾がだいぶ膨らんできて、開花が楽しみです。香が強すぎて家の中に、飾れないのが残念です。

これはまた見事な百合ですね。花の密度が高いですね。ですから尚のこときれいに見えるんでしょう。

難しいご本をお読みですね。物理の新しい発見は我々の物の見方を変えてくれます。

watari41さん・michikoさん・ようこさん

みなさんもこの百合の美しさを感じられましたか 本当にきれいでした。<花の密度が高い>のかもしれませんね

コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者と時間と宇宙 | トップページ | 海の日に鶯の囀りを聴く »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ