« 文月に思う | トップページ | 梅雨にかすむ見事な百合 »

2009/07/12

高齢者と時間と宇宙

時間を大切にし有意義に使おうと思いながら70代の最後の道程を生きています。時間を有意義に使えるのは気力・体力があってのときは時間を意識しないですごして行けました。

知人の85歳の方のお話では同級会が開催されなくなった。みんな体調が悪くなって逝く友も多くなったからです。

人生「生老病死」の言葉どおりとおもいました。

さて「死」とはなんぞやとの問にたいする答えはないから恐怖がでる。悟りを得ることにあると言われていますが仏教的ではなく科学・物理的に死の世界がわかれば分かれば恐怖もなくなるのではと変な考えを思うのです。

時間の流れを気にすることをいくらかでも癒してくれるのは宇宙を感ずるときです。四季折々の空や風景や美しい花々その四季の時の流れがそうです。

日本の物理学・実験は世界一(現在は!)物理学者;戸塚洋二先生はニュートリノに質量があると発表され実験で証明する前にがんで死亡されました。本当に残念なことでしたが実験グループが成功させたという

世界の定説をくつがえす報道と「ホームページ大学共同利用機関法人(KEK)」に丁寧なわかりやすい記事をよみました。

加速膨張中の宇宙も新しい理論が誕生してくることでしょうが 地球も何時かは消滅すると思うとなにか人も宇宙も同じような気がしてきます。

宇宙を含めて万物にはすべて初めがあり、そして終わりがある。寿命を持っている

今日は梅雨日和 こんなことを考えながらも体調を気にして終わりました。

夕御飯も近い時間 6時15分

« 文月に思う | トップページ | 梅雨にかすむ見事な百合 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

死後の世界のことを考えるのも脳であり、恐怖や悟りという境地もこれまた、生きている人間の脳のなせる技なんですね。先日もテレビで見ましたが、21世紀は脳が解明される時といわれますが、ものすごい勢いで進歩しておりますね。安心立命の境地というのは、どういう脳の状態なのかも、やがてはっきりしてくるものだと思っています。

安心立命の境地が脳の部分にあると解明されるかも知れませんね
最近脳科学の分野の進歩は大きいですね

将棋名人の脳分析をNHKで放映しておりましたがすごいとおもいました。不安は自分の脳に安心立命を与えることにつきるとおもいました。
watari41さんコメントありがとうごあいました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文月に思う | トップページ | 梅雨にかすむ見事な百合 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ