« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/28

幼馴染との別れ

朝の食卓に座った時 電話が鳴った。受話器を取った私は,不吉な予感がした。

男性の声が受話器から流れてきた「大変失礼なことですが私M・Tの長男のK・Tと申します。父が昨夜亡くなりましたがなにも書き物がなく父のいつも懐に入れている財布の中にM・O様の電話番号と名前が書いたメモ用紙が入っていました。不躾ではございますが父とはどのようなご関係でしょうか」私はこの日が来ることを予感していた。
M・T君は故郷の歳も同じの幼少のころの友である。お互いに高齢になってからは幼少の思い出が強くよみがえりお互いに電話で「いつもおなじ思い出話」を飽きることなく何回も繰り返していた。彼は奥様を早く亡くされ一人暮らしをしていた。旅行やカルチャーに積極的に参加されていた。寂しさを紛らわしていたのだろう。
M・T君の特に寂しく感じられるのは夕刻 自宅に照明のついていない帰宅の時であった。日本海の夕日は特に美しく寂しさを誘う風景でもある。
私に電話が彼からかかってくるときは夕刻が多かった。彼が一人で夕食を作り一人で食べる姿を思い浮かべて叫んでいた「生きよう」と。
今年の3月はじめの電話では肝臓が悪いので通院していると聞いた。酒を飲まないのにと嘆いていた。
5月中旬には入院するという。そして電話器を切るときいつも「またね」と言葉を交わすのであったが。この時は「さようなら・さよなら」私は慌てて「なに?」すでに電話は切れていた。電話しても通じなくなった。
7月に入ってから電話が入った私は安堵したが束の間の安堵であった。彼は東京の専門病院に入院すと言った。そしてまた「さよなら」と言った。
7月の下旬の電話でこれから手術だ「元気がでないので電話した君の声を聞きくと元気がでると言った」私は大丈夫だよとしか返す言葉が なかった。かれは黙って電話を切った。

彼は秋の夕刻の帰宅時に襲う猛烈な寂しさから解放された。私は何故か先に逝った彼を羨ましくさえ思った。老病死の重荷は生きているうちは軽くならない。それに耐えて生きねばならないと思った。
彼の冥福を故郷の方角にむかって祈った。弦楽のためのアダージョの旋律が聞こえていた。

2009/08/15

64回終戦記念日に思う

今年も終戦記念日を迎えた。終戦から64年も歳月は流れた。日本の戦争を知らない戦後世代が日本全人口の4分の3を超えた。戦争参戦しまた空襲・原爆に被災し生き延びた人は70歳以上の方々であろう 戦争の地獄絵を語り始めた。

自国防衛のためにはアメリカの核にたよらず防衛力強化すべきだと言う意見を持つ人もすくなからず出てきたことに脅威を感ずる。

歴史には戦争のない時代はない。TVドラマでは国取り時代劇が視聴率を上げる。

国内は「経済競争時代の平和」には人の心が荒れてきて毎日のように悲しい事件が起きている。一種の個人戦争と呼ぶことができるのではないか。

町内回覧板に警察署の注意喚起のチラシが入っていた。それは夜間に住宅の窓ガラスを破り侵入する泥棒がおる人相画も添えてある。

さて自衛手段は如何にすべきか 相手は一方的に攻撃してくるのである。

夏目漱石著 「草枕」の書き出しの文章を思い出す。

山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。・・・・・

人の世は争うようにできているのだろうか

12時に亡くなった友に冥福を祈った友の顔が脳に蘇った。

甲子園の球場では戦争の知らない世代ばかりであろう冥福のサイレンが響き渡ったが 画面のスタンドでは笑顔で「はしゃぐ」若人が多かった 戦争は遠い遠い時代劇てきな存在になったのだろうか。

食が枯渇していた時代に食したタラの芽や山草を思い出す。

近くの樹林にタラの木の花が久しぶりの夏の日差しを受けて咲いていた。

Taranoki_2

2009/08/09

カタツムリ?異常発生

梅雨が明けぬまま秋に入る気配。人間の作った異常気象が続く体調が思わしくないが外の空気を吸わないと脳がまいってしまいそうなので今日(9日)も湿度が高くそして霧の中に小雨まで降る散歩道を歩いた。

森の蝉の鳴き声が全く聴こえない。広瀬川周辺では元気のない蝉の鳴き声を聴いたがドーシタノダロウと思いながらアスファルトの道路端の草むらを見て驚いた。カタツムリのような虫が大繁殖していた。アスファルトまで這い出してきて車にひかれている。日本のカタツムリは「でんでんむし」と呼ばれ童謡にもなっているが外来種なのか愛らしくはないのである。Photo_2

気持が悪いくらいの大繁殖である。これも梅雨のつづく気象のせいであろう。

夏空は見られないのだろうか童謡「四季の雨」の歌詞のような季節はもうこないのだろうか。予報では台風がまた雨を持って近づいてるようだ。

♪俄(にわ)かに過(す)ぐる夏の雨、
物干し竿
に白露を、
名残
りとしばし走らせて。
俄かに過ぐる夏の雨。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ