« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

生きているうちは達者でいたい

人生70年の道程が終り80年のはじめが霞んで見えてきた・・不思議な思いになってきた。それはこの世が夢のように見えるような感覚におそわれるのである。
深沢七郎著「おくま嘘歌」の書き出しの文章が私の脳に鮮明に刻み込まれていているせいかもしれない。

おくまは今年63で、数えとしなら64だが、「いくつになりやすか?」と聞かれると、「そろそろ、70に手が届きアす」と言って、数え年では66にも、67にもなるように思い込んでいた。(それだけんど、まだまだ、そんなに、)と腹のなかでは言っているのだった。
毎年毎年としの数がふえるのは悪事の数が重なるように恐ろしく、「いっそくとびに80になりゃいいけんど」とグチをこぼすように言ったりして「生きているうちは達者でうごいていたい」というつもりで言ってるのだった。・・・

戦時中は食糧がなくなり、おおきな飢餓に襲われた思いは言語に絶する!
飽食の時代になり「もったいない」の言葉が消えてしまった。
家庭団欒の食事はなくなり日本食が消えつつある。

振り返れば夢のようなおもいである。

10月31日は気温14℃まで急降下して初冬の風景が見えてきた。生きているうちは達者でうごいていたいとトボトボ歩きながら思った。

国見峠の踏切を電車が乗客のいろいろな思いを乗せて、はしっていった。人生の道程を走るように

2009/10/08

台風の日に歩道の金魚を救う

10月8日台風18号メーロが仙台にも襲ってきた。歩道に池から 溢れた水と一緒に金魚がピクピクしていた妻が可哀そうだからと自 宅で濾過水を入れた陶器にご飯を入れ泳がせた。元気になった。池 の持ち主は留守で居ない。近くの公園の池で自由に生きさせることにした。外敵が多いかもし れないが陶器で飼うより良いと考えた。 元気で長生きしなよ!と自分に言い聞かせるように声をかけメーローにお別れをした。この金魚の名をメーロと付けた。
台風メーロ(ジャスミンのことをマレーシア語でメーローと呼ぶと河北抄で紹介されていた。優しい名は怖い)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ