« 整体は体調を良くし自然治癒力を高める | トップページ | 平成21年師走の雑感 »

2009/12/12

学問のすヽめの教えは今こそ必要

天を見上げて思った。福沢諭吉先生の「学問のすすめ」の言葉が 曰く

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生まれながら貴賎上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずして各々安楽にこの世を渡らしめたもうの趣意なり。されども今広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかななる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや。その次第甚だ明かなり。実語教に、人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なりとあり。されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとに由って出で来るものなり。・・・・・・

私は赤面してしまった。生きる者死ぬまで学べと言う教えだと思った。

現代日本の現状を見るに民を治める議員・役人は金々である。貧しき人の年金までもが行方不明となる 民を思う気持など微塵もみえない。政権交代は国民の票で決まった。国を滅亡に導く道に繋がるようなことにならぬよう良く学んで欲しい。

また地球温暖化は地球崩壊しつつあるマッタなしである。全世界の人々は利益を考えるのではなく対策を学び実行を早急に実施しなければならないときがきている。

福沢諭吉先生の「学問のすすめ」の言葉をしっかりと学ばなければならないと思い。天の雲を見上げた。そして、傘寿になってもしっかり学び人の妨げをなさずして生きようとおもった。

Kumo

« 整体は体調を良くし自然治癒力を高める | トップページ | 平成21年師走の雑感 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

人は何歳になろうとも、新たなことに遭遇し経験をつみます。
若い頃の父母への思いと現在とでは比べられないほど、想いが
深くなり理解できなかったことが解るようになりました。
又、向上意欲も死ぬまで続くかもしれません。
日々、新たな発見と驚きに溢れているから楽しいですよね!

michikoさんコメントありがとうございました。

新たなる遭遇! がある それに気がつくこと 日ごろのチャレンジの心が大切なのですね 

今年もあと半月ですね また春がきます。

 幕末から明治にかけての時代に、よくぞこういうことが言えたものだと思います。
 生涯学習という言葉が盛んに言われはじめたのは、これから百年も過ぎてからのことなんですね。

watari41さん コメントありがとうございました。

まったく今の乱世にピッタリの言葉に驚きを感ぜざるをいません。

学ぶことは自分で実行せねばならないことですね 当たり前のことなのですが実行せねばと思い日々がドンドン過ぎてゆきます;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 整体は体調を良くし自然治癒力を高める | トップページ | 平成21年師走の雑感 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ