« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/26

逆さごと

今年の冬将軍はけじめがない。優柔不断な将軍だな・・と思いながらあるきながら空を見上げておもった。みなさんもそう思われるでしょう。勢力を弱めながら去ってゆくのが冬将軍らしいと思うのは私ばかりであるまい。春日のある日スノータイヤを取り外している方を見かけた。早いのではと思ったが、あんのじょう翌日雪になった。

逆さごとの言葉を思い出した。我が国では、死者に対して日常とさかさまのことをする習慣がある 少年のころ自分で着物を着ていたら母親に怒られた。(昭和一桁時代は着物が普段着)右前に着るのを左前に着たからである。死者に着物を着せるときが左前に着せるのである。また湯罐に水に熱湯を加え湯をつくる「逆さ水」を使うのである。なぜこのように日常の行いと逆さにする理由はいろいろあるようだ死の世界と現世を分けるためにとのせつもある。

春と冬が交互にそれも強くくるこの頃の気候のなかを散歩しながら思った。桜の蕾もとまどっているのではないかと桜の木を見上げたが順調に膨らんできてるようだ。

街では卒業式の季節 別れの雰囲気が漂っている。私も多くの出会いと別れを繰り返して生きてきた。

思い出に残るのは小学校の卒業式が一番心に残る。何故か?それは幼少のころの友は魂の友であり別れは辛いと思った。あのころの卒業式の歌は「仰げば尊とし」であった。

現代の別れの歌はビートがきいて楽しい雰囲気がする。逆さごとなどの旧来のしきたりなど知らぬ現代だから この年頃は老化など別世界のことなのだからと思ったりするが意外とそうでもないようになってきた。浪費はしない ブランド品など買う意味がない 将来に備える等々大きく変化してきている。「逆さごと」の風習が復活するのかとも思ったりする。

You Tubeから卒業式の歌を比較して聴いてみた。
別れは必ずくる人生 故に詩ができ歌が生まれる。逆さごとの生まれた理由でもあるとおもった。

2010/03/16

一人旅

Comme_2

カフェコムサ(Cafe comme ca)で旬の果実や野菜で彩り美しく仕上げた、ケーキを食しながら一人旅を考えた。格安のJRの乗車券土日切符¥18.000を利用しようと思った。伊豆急行下田や日本海側の南小谷ー酒田と乗り降り自由切符で新幹線は指定席を4回も指定できる。競争時代は面白いとCafe comme caのガラス越しに見える仙台駅をみながら思った。

妻は84歳になったお姉さんの家に遊びに行くので私がいないほうが年老いた姉妹が気兼ねなく話し合えるのを楽しみにしてるので一人旅がよいのである。

計画は決まった。まず善光寺 メトロポリタンホテル長野はSuica会員の特別キャンペン中とかで一泊¥5,500、ただしVIeWカード決済が条件という。夕食も朝食も10%引きとJRの包囲網にかかっていると思った。

体調が悪くとも旅行にでようと思った。旅で逝くのもまたよいではないか 天気予報は晴れとなっていた 決定した。ウイトレスにCafe comme caの意味を聞いてみた。フランス語で「このようなCafeはいかがでしょうか」という意味でケーキのためのフルーツではなく、フルーツのためのケーキでお客様に「感動する美味しさ」をお届けするため、こだわりのフルーツを常に探し続けていますということだった。高齢者の私にはフルーツの甘みが気に入り散歩する楽しみにしている。

14日朝東北新幹線に乗車、大宮までノンストップー大宮ー長野新幹線ー上田ー長野12時前に到着、和食をホテルで食し善光寺にむかった。天気予報は外れて冷たい小雨模様の天気だった。2kmの道のりを歩き善光寺に参拝した。

Kotoba 今月のことばを読んで噛みしめた。

この世は自分を正当化するために苦闘している。

翌く早朝長野新幹線ー東海道線にのり熱海ー東京と沿線の風景をみて若かりし頃の思い出がよみがえった。

東京駅は改装中であるここも思い出の建物がなくなっていた。皇居の公園で休憩した。空は紺碧で美しい。

皇居の広場を歩き歴史の変遷を思い描き長生きしてるなあと思う。亡き友の顔を思いだし悲しくなった。

福島駅を通過直後に携帯電話に地震発生緊急予報が入った。とたんに電車も停止し電灯が消えた。福島県沖に地震発生という このような経験をして良かった。15分後発車予定より25分遅れで仙台駅に到着妻と夕食をともにして生きていることの大切さを感じた2日間であった

2010/03/05

冬と春の交代の季節

3月5日気温17℃ 昨日の気温と10℃も高いあまりにも気温差が大きい散歩の服装も昨日はダウンアノラックで

今日はスポーツ用シャツ一枚と綿のジャンパーである。

泉ケ岳や座禅堂山(と思う)がくっきり見えた。今日は体力が消耗した。予報では寒波がくるという。春と冬が押し合い圧し合い冬将軍が去ってゆく季節を強く感ずる日であった。

Izumigadake

Zazendou

2010/03/02

春雪の花

今年も早や3月に入った。今日2日は昨日のチリ地震津波に日本全国民が一喜一憂しながし心配しながら報道を見守った。人身被害がなかったのでホッとしたが養殖筏の被害は甚大であった。夜間雪がしんしんと降っていた。早朝外を見たら銀世

界となっていた。自然は人間の社会など関係なしに動いている。当たり前のことだが人間は人間を中心に物事を考え論議しているニュースが続いていた。おかしいと私は思う 自然現象を予測することなどできない。天気予報でさえ外れることが多いのに、
被災した方々に心からお見舞い申し上げたい。

自然現象の予測には無頓着になった私は散歩にでた。春雪はしっとりと水分を含み木々の枝に着雪し美しい純白の花をつけたように美しい光景となっていた。気温が上がるに従って雪のひとひらが舞え落ちる。空の曇天と似合うと思う 今年もこの現象をみることができてうれしかった。

Yukizakura

梅の蕾も雪をかぶっていた。つめたそうに見えたが自然現象に柔軟に対応しているのだろうと思うと羨ましさをもかんずる。

Umeyuki

明日はあたたかくなる予報でているが分からない。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ