« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/24

団地の春

私の住む団地も開発されてから30年近く経過している。交通の便が良いせいか建て替える家が多くなってきた。建て替えた後に住む住人はすべて同じではないようだ。散歩しているとあちこちから金槌の音が聞こえてくる。窓や外壁もずいぶん断熱効果の良いものが使われている。

また散歩する人たちの高齢者が多くなったことを強く感じる。杖をついて懸命にリハビリをしている人も多い男性が目立つ。
公園の桜が見事に咲いているが高齢者の散歩姿は桜を見上げるでもなく懸命に歩いていることに専念している。その気持ちは私には良くわかる。

Sakura

今日も最高気温6℃と低い冬日と春日が同居していることを空が証明していた。
今年の花弁は薄く透けて見えた 気のせいかもしれない。

2010/04/22

花見と気候

庭の梅は満開を過ぎた姿を見せてくれ散っていった。その姿の美しさは春を告げる花にふさわしいと毎年思う

花見を楽しむようになったのは奈良時代の貴族から始まった。そのころの花は梅だったという。桜に変わったのは平安時代。 Umemankai_2

今年は雪の降る冬日と春日が交互に来ている。桜も開花したとたんに花は雪をいただいてしまった。

日本人にとって花見は大切な季節の行事である。桜がいっせいに開花し短期間で散ってゆくそのはかなさが人の心をとらえたのだろうか

河北新報の夕刊の記事(4月22日)によれば
「4月下旬のこの時期に最高気温が10度に届かなければ、1998年4月27日以来12年ぶりのことになります」とあった。

今年は雪を冠ったさくらの花見となった。冷たいと言ってるようだ

この気候変動の影響は太陽の黒点にあるのだろうか太陽活動が低下すると地球の天候に影響を与えるのだろうか・・・最近の気候変動が大きいので心配

太陽の黒点について「国立科学博物館」のHPを訪問した。

 

2010/04/01

無農薬野菜が食べたい

我が家も娘夫婦と4人、いやハルという名のワンコウを加えれば4人+一匹が新年度を迎えた。みな歳を重ねている。娘婿どのも退職3年もたった。若いころから登山が趣味であったので健脚である。登山が趣味となれば自然を愛する心が強い。

時間に束縛されなくなった婿どのは近くの大百姓家に行って畑を借りて無農薬野菜作りを始めた。私はトマトが大好物であるのを知って毎年トマトを栽培してくれる。

Tomat_2

私はありがたく頂いている。美味である。スーパーなどで売っている野菜などは栽培して時間がたっているので味が落ちているし農薬も使っている。まずい。

最近婿どのはEM農法を始めた。(EM農法とはEM菌入り有機肥料(米ぬか、油粕、魚粉)を用いた農法をいい、EM栽培方法のEM健康野菜つくりを言う)廊下の掃除のときにもEM菌の水溶液で掃除をすると消臭効果もある。ハル(犬)の臭いもなくなった。このEM菌なるものは今、多方面に使われているようである。臭い消しなどにも科学薬品を使った消臭剤が多くつかわれているが問題があるのではなかろうか。

EM菌の開発者は沖縄の琉球大学農学部 比嘉照夫教授である。(講演内容をLINK

批判論もでているが、現代はすべての化学・医学・遺伝子・etcに新説が出て討論されているのが現状であり、なにが本当なのか私には分からなくなってきた。

医者に行って貰った薬を検索してみると高齢者はダメとでている。漢方で有名な葛根湯も高齢者はダメであると書いてある。

昔は化学肥料などなかったので糞尿を腐敗させ肥料としていた。そのために回虫が人体に入り込んでしまうので時々虫下しを飲んでいたものである。回虫は人体に入り悪さばかりしないで人体に有益な影響をすると聞いたことがある所謂、共生している。

化学肥料は有害であるが使わなければ農産物不足となる。EM菌なるものが有効であればこれにこしたことはない。

婿どのの活躍する春がきた名犬ハルを連れて農作にでかける日が多くなってきた。私は期待してトマトの成熟まで畑を見に行くのが楽しみである。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ