« 花見と気候 | トップページ | ラジオ深夜便 »

2010/04/24

団地の春

私の住む団地も開発されてから30年近く経過している。交通の便が良いせいか建て替える家が多くなってきた。建て替えた後に住む住人はすべて同じではないようだ。散歩しているとあちこちから金槌の音が聞こえてくる。窓や外壁もずいぶん断熱効果の良いものが使われている。

また散歩する人たちの高齢者が多くなったことを強く感じる。杖をついて懸命にリハビリをしている人も多い男性が目立つ。
公園の桜が見事に咲いているが高齢者の散歩姿は桜を見上げるでもなく懸命に歩いていることに専念している。その気持ちは私には良くわかる。

Sakura

今日も最高気温6℃と低い冬日と春日が同居していることを空が証明していた。
今年の花弁は薄く透けて見えた 気のせいかもしれない。

« 花見と気候 | トップページ | ラジオ深夜便 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年は寒さが長引いてやっと桜が満開になりましたねぇ~!
快晴の日曜日になりアチコチ花見客で賑わうことでしょう。
今朝、寺岡西端の桜並木の下をゆっくり歩いてきました。
とても綺麗でした!!

何処の住宅地も開発から30年になり住人も高齢化したり
2世帯住宅に改築したり転売されて若い方が入居されたりしていまネ。
北部工業団地の開発で職住接近の方達が新しい入居者です。

michikoさんコメントありがとうございました。
旧団地では建て替える方が多くなりましたね 団地内の公園の木々も大きく成長して桜も見栄えがあります。
月日の流れを感じます。

まあ、綺麗な櫻の写真ですね。

先日両親を連れて、三神峯公園の櫻をみてきました。
デイサービスや特別養護老人ホームからたくさんの高齢者が来ていました。
櫻の風景に高齢者と車椅子です。
日本の高齢社会を象徴しているような、櫻でした。

 日替わりの春と冬の繰り返しですね。団地が継続されるのは良いことです。廃墟になったりしているところを見ると胸が痛みます。

ようこさんコメントありがとうございました。

車椅子の方が多くなりました。超高齢化時代の現象なのでしょうね
桜がこの方々の心を癒してくれることはありがたいことです。

写真 褒めていただきうれしいです。

watari41さんコメントありがとうございました。

衰退のままの団地も多くなってきていますね 高度成長時期の団地政策の誤りの付けが今来ているようですね

 早いもので、もうゴールデンウィークです。桜から青葉へ。日曜日に久しぶりに宮城県美術館に行きました。世間のみなさまはお花見に向かっているらしく、とても空いていました。

 展示を見に行ったのではなく、美術館の空気にひたりに行ったんです。孫3号のために幼児用のクレヨンとスケッチブックを買いました。いい時間でした。

schmidt さん コメントありがとうございました。

美術館の雰囲気はとてもいいのは美術を鑑賞する人の呼吸がかわり 空気もおだやかにただようになるような気がします。作者のエネルギーも作品から出ているのではないかと思うほどです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花見と気候 | トップページ | ラジオ深夜便 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ