« 逆さごと | トップページ | 花見と気候 »

2010/04/01

無農薬野菜が食べたい

我が家も娘夫婦と4人、いやハルという名のワンコウを加えれば4人+一匹が新年度を迎えた。みな歳を重ねている。娘婿どのも退職3年もたった。若いころから登山が趣味であったので健脚である。登山が趣味となれば自然を愛する心が強い。

時間に束縛されなくなった婿どのは近くの大百姓家に行って畑を借りて無農薬野菜作りを始めた。私はトマトが大好物であるのを知って毎年トマトを栽培してくれる。

Tomat_2

私はありがたく頂いている。美味である。スーパーなどで売っている野菜などは栽培して時間がたっているので味が落ちているし農薬も使っている。まずい。

最近婿どのはEM農法を始めた。(EM農法とはEM菌入り有機肥料(米ぬか、油粕、魚粉)を用いた農法をいい、EM栽培方法のEM健康野菜つくりを言う)廊下の掃除のときにもEM菌の水溶液で掃除をすると消臭効果もある。ハル(犬)の臭いもなくなった。このEM菌なるものは今、多方面に使われているようである。臭い消しなどにも科学薬品を使った消臭剤が多くつかわれているが問題があるのではなかろうか。

EM菌の開発者は沖縄の琉球大学農学部 比嘉照夫教授である。(講演内容をLINK

批判論もでているが、現代はすべての化学・医学・遺伝子・etcに新説が出て討論されているのが現状であり、なにが本当なのか私には分からなくなってきた。

医者に行って貰った薬を検索してみると高齢者はダメとでている。漢方で有名な葛根湯も高齢者はダメであると書いてある。

昔は化学肥料などなかったので糞尿を腐敗させ肥料としていた。そのために回虫が人体に入り込んでしまうので時々虫下しを飲んでいたものである。回虫は人体に入り悪さばかりしないで人体に有益な影響をすると聞いたことがある所謂、共生している。

化学肥料は有害であるが使わなければ農産物不足となる。EM菌なるものが有効であればこれにこしたことはない。

婿どのの活躍する春がきた名犬ハルを連れて農作にでかける日が多くなってきた。私は期待してトマトの成熟まで畑を見に行くのが楽しみである。

« 逆さごと | トップページ | 花見と気候 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

琉球大学農学部 比嘉照夫教授の EM菌の話しを読もうとしたら、途中で挫折してしまいました。またいつか・・・。

それにしても、一緒に住んでいる方が野菜づくりが趣味とはとても羨ましいです。
野菜作りは、とても面白いと思うのですが、なんせ私には体力がありません。
自分で作った安心安全・美味しい野菜を食べてみたいと思います。
昨年はミニトマトとレタスとパセリとブルーベリーを作りました。
今夜は、農薬なしの自家製パセリを食べましょう。
トマトの美味しさは格別ですね。

ようこさん コメントありがとうございました。

野菜作りには体力が必要でね。でもミニトマトとレタスとパセリとブルーベリーを作られたとのこと ご立派ですね。
格別に美味しくいただけたことでしょう


比嘉照夫教授の講演をぜひ読んでみてください。

 無農薬が体にいいことは確かでしょうね。EM菌の評判は高いですね。地方の研究者が発明したものには、昔から何かにとイチャモンがつくんですね。
 漢方薬も薬に変わりは無く、副作用があるそうで、注意して使う必要があるそうです。昔の回虫は、人体に花粉症などへの免疫を作ったという説に共鳴しており、私にその症状が出ないのは、そのお陰と信じているんです。

>昔の回虫は、人体に花粉症などへの免疫を作ったという説に共鳴しており、私にその症状が出ないのは、そのお陰と信じているんです。<
同感々 今でも飲んでいる人がおると聞いたことがあります。
ダイエットに良いとかでていますね 自然と共生しなくなった人は自然から攻撃されるようになりました。

何年か前、無農薬の林檎に挑戦された木村秋則さんの記録を感動して読んだことがあります。

最近は安全に対する意識が高くなり、有機農法、自然農法を取り入れて畑をなさる方が多くなりましたネ。

野菜畑から新鮮な採りたは美味しいですよね!
トマトさん、早く大きく熟してくださ~い(^^♪

michikoさんコメントありがとうございました。
>有機栽培、自然農法など最近はあんしん安全への意識が高まり、畑を始められる方も多くなりましたネ。<
本当に関心が高まりました。値段が高くとも健康には変えられませんし環境破壊も防止できますからね

>なにが本当なのか私には分からなくなってきた。

 全く複雑な世の中になったものですねえ。

schmidtさんコメントありがとうございました。

政治の混乱のもとは金々々ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆さごと | トップページ | 花見と気候 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ