« 高齢ストレスとIT | トップページ | 水無月を迎えた林の風景 »

2010/05/29

ブログのネタがなくなった

私のブログは散歩で見たこと・感じたこと・季節の移り変わりの風景・行き交う人達のことなどを04年3月からブログ心を公開し記事を書き始め、今年ではや6年になった。始めたころはブログの珍しさもあってかネタはいっぱいあった。6年の歳月は町内の雰囲気をも大きく変えた。まず売り家が目立つ比例して小学生が少なくなって小学校が無くなるとの、うわさも出てきている。一方福祉大学が大きくなりJR福祉大学前駅ができたので昼人口は増え賑やかとなる。また脳梗塞を患いリハビリの中高年の散歩の多いのに驚く 懸命に生きる姿に頭が下がる。記事には適当ではない、暗い記事になるのだ。

季節のことなどは6年も書き続けるといつか書いた記事と同じくなってしまうので面白くないと思う。故郷のこともよく記事にしたが友が逝ってしまって故郷訪問の気もなく「故郷は遠くにありて思うもの」になってしまった。

ならば現役のころの記事と思ったが書く気はしない高度成長時期が現代の競争時代を招き人心が荒んでしまったからであろう。

戦争を知っている人は80歳前後の人だけになった。戦時中のことを書く気がしない。戦争の惨さが忘れ去り、人はまたキナ臭い世相になってきた。

散歩だけではなくカルチャーでも行こうかとおもうが調べてみると高齢男性の参加がない女性ばかりが多い

iPadでも購入して挑戦してみれば新しい記事ネタがみつかるかも知れないとも思ったりと試行錯誤ばかりしている。

秋のような冷たい日が続くので季節感が湧いてこない。大崎八幡神社の境内で植木市が行われた日に妻と散歩で行ってみたが今年の鉢植えの花は元気がない色もあせて見えた。気候のせいだろうか 私の気のせいかもしれないが。

Uekiiti

老夫妻がゆっくりと散歩できる日々が幸せに思った。

自宅に帰ってから藤沢周平著 海坂藩大全下巻を読む。文豪の記事は自分の脳内に画像ができるほど感銘深い文章がつらなる。

支離滅裂な記事になってしまった。が公開しよう

« 高齢ストレスとIT | トップページ | 水無月を迎えた林の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いつも楽しみに読ませていただいています。来月、都内のある大学論の講座を一こま依頼されているのですが、担当教授からのリクエストの中に「市民ブロガーの群像について話してほしい」というのがあります。クオリアさんのことも紹介するつもりです。

 書き続けるのは大変なことです。ギアを一段変えて、つぶやくような感じで続けていくのもありかと思います。

さきほど、コメントを書いたのですが、確認だけして送信しなかったような気がします。
残念!
また書きます。

奥様とのゆったりとした散歩の時間、ブログを書くより、幸せですね。

私は書きたいことがあっても、書くより先にしなければならないことが多くて、書けません。
夫を散歩に誘っても、最近はほとんどふられます。

 私も同様です。何かを書こうと思うと、前にかいたことがある気がして、ネタ切れの状態で、普通の人間の記憶とはそんなものだろうかと思っている今日この頃です。私はやや特殊な金属などを扱っていたので、そんな話が少しありますが、あとは全くクオリアさんの言われることと同様です。

schmidtさんコメントありがとうございました。ブログ心公開をschmidtさんの一言がなければ今はなかったのですよ!ありがとうございました。これも大きな私にとって「絆」でした。感謝

>「市民ブロガーの群像について話してほしい」というのがあります。クオリアさんのことも紹介するつもりです
恐れ入ります。また勇気をもらったようですよ

ようこさんコメントありがとうございました。

>私は書きたいことがあっても、書くより先にしなければならないことが多くて、書けません。
主婦は家庭の中心ですからねなにかと忙しいことを私は退職してはじめて知りました。
遅きに失しましたが妻に感謝しています。散歩を誘うようになりました。
男性はどうもその道をたどるようです。異口同音を病院待合室などで同年齢の年寄りからも聞きますよ。

watari41 さんコメントありがとうございました。ブログ回想の記事いつも的確に現象を把握して書いておられます。今後も読まさせていただきます 感謝

光陰矢のごとし・・・で6年というのはアッという間ですよねぇ~。
年年歳歳人同じからず・・・ 一年一年周囲も変化していますし、
自然界の同じ現象や植物を見ても、それを受け止める私達の気持ちが変化していて
新た想いもありますねぇ~。

ipadという新しいモノが出現して私達も変化していくのでしょうか?

人間らしい暖かい心のふれあいを望んでいるのですが、文明の機器はコミニュケーションの
あり方も変化させるような気がしています。

michikoさんコメントありがとうございました。

>人間らしい暖かい心のふれあいを望んでいるのですが、文明の機器はコミニュケーションの
あり方も変化させるような気がしています。<

そうですね人と人の間に文明の機器が入るようですね 心が伝わらないような気がします。

私も最近、クオリアさんのように、ネタに困ることが多くなりました。
私のブログでは、「歳時記」ということで、身近な自然の変化や、季節の行事などを取り上げていましたが、うっかりすると前に書いたことと重なってしまいます。
同じものでも、見る方向を変えれば別のものが見えてくるかなあと思うのですが、これがなかなか難しいのです。
繰り返しめぐる季節の中で、新しい発見をする・・・今の自分に与えられた課題のような気がします。


あおめさんコメントありがとうございました。

>繰り返しめぐる季節の中で、新しい発見をする・・・今の自分に与えられた課題のような気がします。<

あおめさんのこの言葉のとおりですね 新しい発見をすることにこころがければネタが浮かんできますね 感謝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢ストレスとIT | トップページ | 水無月を迎えた林の風景 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ