« 猛暑のオアシス夕立 | トップページ | 長生きは怖い »

2010/07/31

けやきの老木に思う

過ぎ去った5月・緑萌える季節に高さ20メートル幹周囲9.6メートル樹齢3千年の欅の
凛として静かに聳え立つ老木をしばし見とれていた。
枯れた裸の枝が空をすかして見えていた。
幹には大きなコブが できており3千年の樹齢の証なのであろう。

私は幹をそっと抱いて耳をあててみた、なにか鼓動が聞こえそして樹皮の匂いがした。
私の心の中に大きな希望をいただいたようだ。

この老木の欅は四季ごとに重鎮な姿をみせているのであろう。ことに秋の夕映えにはことのほか永い永い年月を生きてきた姿を一段と鮮やかに茜色の空に浮かび上がらせてくれるだろうと思った。

人生79年8ケ月の私はこの三千年も生きている欅の姿に教えられるものを感じた。枯れ枝が自然に折れ最後は幹も倒れる 自然現象に抵抗しないで静かに受け入れ、いくとし生きてきた老欅を見つめそして祈りをささげた。

Rimg0312

Rimg0299_2

« 猛暑のオアシス夕立 | トップページ | 長生きは怖い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まさに縄文欅ですね。これからの気候変動にも持ちこたえてくれればと思っています。
余計な枝を落とし立派な姿です。

本当ですね>気候変動にも持ちこたえてくれればと思っています。

 自然環境を静かに受け入れる。わたしも、そう生きたいと思います。心のエコ。単なる思い出ではなく、今の時代にマッチしたエコを築いていくことにしましょう。

schmidtさんコメントありがとうございました。

>今の時代にマッチしたエコを築いていくことにしましょう。<
待ったなしの現状です 構築の実行がなにより先行させなければなりませんね

村田町に こんな凄い老木があるのですねぇ~!!

樹齢30000年以上と考えると 短く小さな出来事に一喜一憂する我々人間社会の出来事に
いろいろなメッセージを与えているような気がします。

michikoさんコメントありがとうございました。

縄文の欅ですね 夢をみてるように思って見ていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猛暑のオアシス夕立 | トップページ | 長生きは怖い »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ