« 故郷の浜辺ライブカメラを見て思う | トップページ | 落葉の日 »

2010/10/28

元素の美に驚愕

異常気象になってしまった空を見上げて思う。古代から人は夜空を見上げて美しい銀河の輝く姿をみて心を癒されていたと思う。
宇宙の起源を知りたい・星も地球と同じか知りたい・宇宙は、わからないことが多いので、世界中の科学・物理・数学者たちが研究を進めているという。

地球は秒速30キロメートルという猛スピードで太陽のまわりを回っている。

今年もはや11月になる。
人は歳を重ねる速さに戸惑いながら、挨拶言葉に「早いですねもう今年も60日でおわりですよ」と言う。

村山 斉著 「宇宙は何でできているか」 幻冬舎新書刊の本は素人にもわかりやすいように解説してある。読んでおぼろげながら宇宙なるものが知ることができる良書である。

「太陽・星も地球も万物すべて原子で、できていると知られている。宇宙から届く光や無数の粒子が降り注いでいるという。ニュートリノは毎秒何十兆個も私たちの身体の中を降りそそぎ通過しているという・・ 」
この本を読んでから空を見上げて思うことは今までとは違った感覚で宇宙を感じるようになった。人体も原子でできていることは我も宇宙と一体ではないかと思うと楽しい。それで
周期表を復習してみたくなり

セオドア・グレイ「著」ニック・マン「写真」 世界で一番美しい元素図鑑

Gennso_2若林文高[監修] 武井摩利[訳](創元社刊)
を購入し読んだ。この本の記事の素晴らしさ、そして美しい元素の写真を見て驚き魅入ってしまった。

私たちの住んでいる地球の元素達の美しさは神の創造物ではないのかとおもうほどだ。

現代のテクノロジイーは大きく進歩し、「科学の力」によってさまざまな実験が展開され宇宙の謎が解明され続けている。

万物は原子(元素)でできている。太陽も星も地球も原子でできているという。
元素図鑑5ページの冒頭の記事には

いかなるものも、無に帰することはありえない。

   万物は分解されて元素に帰する。

ルクレティウス「事物の本性について」(紀元前50年)

また記事の中に

・・・・・酸素は無色透明な気体ですが、あなたの体重の5分の3は酸素です。いったいどうしてそんなことがありえるのでしょう?・・・・

この世界で一番美しい元素図鑑から、改めて地球に存在する元素の美しさに感動して過ごした晩秋の一日であった。

伊藤 美菜子さんの詩集 「生きているって」の「種子」をなぜか思い出していた。

種子

てのひらの上にある

小さな種子

見つめていると

広い宇宙が

この中にあると思えてくる

********************************************

降り注ぐしし座流星群
NHKクリエイティブ・ライブラリ素材

« 故郷の浜辺ライブカメラを見て思う | トップページ | 落葉の日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 宇宙の果てに思いをめぐらすことと、元素のありようを考えることとが、どこかでつながるように思えます。自分自身について考えることとも、どこかでつながるような・・。人間の存在そのものを、どこを起点に図ればいいのか、現実の暮らしの中では迷うことばかりです。

 元素、宇宙はその起点になるものだと思います。その割には知らないことが多すぎる。自分についてだって知らないことが多すぎる。人間とは本当に不思議なものです。

schmidt さんコメントありがとうございました。

そうですね 原子でできている人間はわからないものですね 体内は一つの宇宙だと思います。
わからないことだらけです。

元素図鑑の本をクリックしましたら、とても美しい色の形が見られました。
世の中には 本当に美しいもの存在しているのですね。
もう、私達は美しいものだけしか みたくありません。 
美しいものを観て、美しい音を聴き、美しい人の心のみ感じていたいのです。

michikoさんコメントありがとうございました。

地球のほかに生物の住んでいる惑星が必ずいるとおもうと楽しくなりますね いつか発見されるでしょう

 最も安定しているものは、最も美しいとも言われておりますが、元素はまさにそうですね。
人間の体は、水分が大部分を占めると言われておりますが、水は「水素2と酸素1」の化学記号で示される通りで、酸素は水素に比べて重いですからそいうことになるのだろうと思います。人間の体に酸素が沢山あるということになりますが、水分として保有しているんですね。
 人間が月に行った時に、酸素をどう確保するかで、月には思いがけず大量の水があることがわかって、酸素の心配はなくなったという記事がありましたが、いろんなことに関係しておりますね。

watari41さんコメントありがとうございました。
問題になっているrareearth(稀な土)は18世紀末、珍しい鉱物から発見されたのでrareearthと名付けられたそうですね。中国には世界唯一のイオン吸着型鉱床で酸で簡単に分離できるとは幸運です。
日本には鉱物資源が少ないのは残念ですが 純粋状態での元素と他の元素と結合してさまざまな化合物になった時の顔をつかって日本人は応用製品を作る技術は世界一とおもいます。誇りに思います
酸素原子はいつでも純粋な気体にもどすことができる不可分性をもっているとか 宇宙の惑星に生物存在の発見は将来あるのでしょうが 見てみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 故郷の浜辺ライブカメラを見て思う | トップページ | 落葉の日 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ