« 元素の美に驚愕 | トップページ | 鮭の遡上 広瀬川 »

2010/11/09

落葉の日

駆け足で去る秋の風情は人の逝く道を教えてくれる、夏日が続いた葉っぱは生き抜き今年の短い秋に戸惑い、急いで緑葉から紅葉になり

木枯らしの吹くたびに使命を果たした葉っぱが枝から別れる。

木枯らしが吹くたびにカラカラに乾いた葉っぱは空に舞う。

林の道いっぱいに埋め尽くした葉っぱを踏みふみ行くと
パリパリと割れる響きは美しい音色

私の魂に響く音色。極暑を乗り切った葉っぱ「やるだけやった」という響き

人も枯れて逝く、葉っぱと同じように分解されて元素に帰り無くなることはない。青春を謳歌している時は短く終わり静寂を迎える。

まっ白い雪が深々と降る日はもう近い.雪は地上を白一色に染め騒音を吸音し静寂の世界となる。葉を落とした枝々に純白の花を咲かせる。

とにかくも四季に巡り合うことは楽しい。

木枯らしと青い空にスイスイ流れる雲の流れと葉っぱの舞いに見とれた11月9日であった。

Sany0008

Otiba_2

« 元素の美に驚愕 | トップページ | 鮭の遡上 広瀬川 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

クオリアさん、
並木の落ち葉は綺麗ですよね~!
落ち葉を踏みしめながら絵本「葉っぱのフレディ」を思い出しながら歩いています。
「葉っぱのフレディ」ご覧になったこと ございますかぁ?

michikoさんコメントありがとうございます。
「葉っぱのフレディ」 レオ・バスカーリア作ですね。一回読んでみたい本です。

葉っぱ・人もみな原点は同じ遺伝子から生まれたと言われていますね
雪景色が楽しみです。

11月9日は、落ち葉が時おり吹く強い風に元気に舞っていましたね。
インフルエンザの予防接種をするため、歩いて病院に行きました。
とちの木の茶色になった落ち葉はバサット落ちていて、あまり綺麗ではありませんでしたが、紅葉の並木道に行くと紅葉の落ち葉がとてもきれいでした。

ようこさんコメントありがとうございました。

強風が打ち寄せる波のように間隔をおいて吹きまくっていましたね

ご自愛ください

今年も確実に秋はやってきましたね。
落ち葉も例年通りです。
少し気温が高かった夏に、我々人間は
異常に反応しましたが、木々たちには
どうだったのでしょうか。聞いてみたい
気がいたしました。

watari41さんコメントありがとうございました
秋は短くすぐ冬がくるのではないでしょうか
この夏を異常気象と気象庁は判定しましたが
強風で倒れた大木の年輪から調べると過去に
同じような気象が見られたと報道されてりして
真偽のほどはわかりませんね
秋は確実に来ました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元素の美に驚愕 | トップページ | 鮭の遡上 広瀬川 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ