« エネルギーを大量消費する現代 | トップページ | 大自然の怖さ »

2011/03/28

大津波

Sany0010_2


吉村 昭著 ひとり旅「文芸春秋刊」を愛読している私はこの本の27ページタイトル「高さ50メートル 三陸大津波を見て春にでもなったら三陸海岸にある下閉伊郡田老町に行くことを楽しみにしていた。

(引用文)・・・・・海に面した情景は魅力にあふれ、断崖は日本屈指の規模と言われているだけに、凄絶な壮大さで、海の色とともに強烈な印象を受けた。・・・・明治二十九年と昭和八年に襲来した津波が最大のもので、あったというこの2回の津波で、三陸海岸では明治二十九年に死者二六三六〇名、昭和八年に二九九五名が命を奪われている。・・・・

このことだけでも驚きであったが2011年3月11日 14時46分の巨大地震・津波はかつてないほど巨大であった。これに加えて現代人がエネルギー消費を拡大した。巨大地震津波は近代設備を崩壊し人災が重合してしまった。

100年に1~2回は巨大地震が地震国日本にはあると報道されているが、高齢社会にはあまりにも悲劇的な凄絶なことがおきた。

消費が奨励され生活に便利な電気・機械類があふれる世になった。廃棄物処理にも支障を来たしている。
この東北・関東巨大地震は私たちに警告を与えたような気がする。

ただただ犠牲になられたかたがたに冥福を祈っている。


« エネルギーを大量消費する現代 | トップページ | 大自然の怖さ »

地震・津波と人災」カテゴリの記事

コメント

 この国の形が変わろうとする、さなかに、わたしたちは生きているのだと思います。多くの尊い犠牲が悔やまれます。ご冥福を祈りつつ、単に国が「変わる」のではなく、自分たちの手で「変える」のであることを肝に銘じたいと思います。

日本人の心や生き方を変えなければならないほどの大地震でした。

schmidt さん コメントありがとうございました。
>、自分たちの手で「変える」のであることを肝に銘じたいと思います。<

未来を担う子供たちのためにも変えなければなりませんね

ようこさん コメントありがとうございました。

放射線が天地に降り注ぐ異常事態になってしまいました。
悠々空間ブログ更新いたしました。

 現代文明を根底から考えなおさなければならぬほどの
大震災でした。
 その後片付けも大変ですが、今後の人類のあり方までをも
問われているのだと思います。

watari41さんコメントありがとうございました。

>今後の人類のあり方までをも
問われているのだと思います。<

本当にそう思います。
福島原発20k圏に数百~千遺体が被爆して収容困難
になると報道されました。が地獄のような人災になって
きました。悲しい


田老町に行ったことあります。 高い防波堤がありました。 
過去に何回も津波に襲われていますが、やっぱり海岸部に居住してしまうのは漁業では仕方がなかったからでしょうか?

現代の生活はあまりにも電力を使いすぎているようです。社会全体が今後のエネルギーについて
真剣に考える時が来たようです。

>社会全体が今後のエネルギーについて
真剣に考える時が来たようです。<

mitikoさん本当にそう思いますね。電化住宅や高層ビルマンションは夏季に計画停電になると室温が50℃以上になるようですね

怖い

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エネルギーを大量消費する現代 | トップページ | 大自然の怖さ »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ