« 私の至福の場所 | トップページ | 気仙沼の思い出の旅 »

2011/05/17

春の花に思いをこめて

千年に一回遭遇すると言う巨大地震に3月11日14時16分ころ東日本に襲った。16時36分福島第一原発原子炉事故発生した大­変なことになった。
春の花を見ないでこの世を去った東日本地震犠牲者の冥福を祈ります。

春の花は美しく咲いて交配が早く終わりそして散って行く。

« 私の至福の場所 | トップページ | 気仙沼の思い出の旅 »

地震・津波と人災」カテゴリの記事

コメント

先日、海岸から4.5kmの距離にある床下浸水した知人の庭の泥カキを手伝いました。樹木が秋の景色なのです。多くが枯れたのです。
松など塩に強い植物もありますが、竹が最も弱くてすべてがやられておりました。ですから津波の上限は、竹を見ればわかると言われているそうです。5mmほどの厚さに堆積した泥の表面は、もう乾燥して割れていて薄い瓦のようになった塩分の多い汚泥を取り除きました。それで今後助かる植物もあるそうです。桜の木はどうなのだろうかと思ってしまいます。

watari41さんコメントありがとうございました。
そうですか竹は塩分に弱いのですね 秋の風景でしたか 
泥掃き、ご苦労様でした。
それにしても原発人災事故には心を暗くしますね
悪い方向に行っています。対処の仕方が分からないのですね
宮城県の牧草地帯も放射線で汚染されたとの報道についに来たか
と愕然としました。自然エネルギー開発に政管産とも不熱心でした
からね ロボット日本なんぞは夢物語だったのですね

クオリアさん、Twitterの件、わたしはクオリアさんをフォローしているので、クオリアさんのダイレクトメールを受信できているのですが、わたしが差し上げるメールが配信不能になります。調べてみると、クオリアさんがフォローしている「佐藤和文」さんは、わたしとは違う別人のようです。わたしのTwitterアカウントは@jazzcupです。ご確認の上、フォローし直してくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の至福の場所 | トップページ | 気仙沼の思い出の旅 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ