« IT動画でごんぎつねの語りを勉強する | トップページ | 野に咲く花 »

2011/06/15

十五夜お月さんを見て思う

初夏の夕刻の風景は風情がある。お月さんは満月を迎えた。まん丸なお月様は雲の流れにさえぎられたりするときの月光がびように変­化するのも美しいものである。
と同時に80歳と7ヶ月になる私には一抹の寂しさを感じるのである。
室内で鑑賞して楽しんでいるグゴロキシニアの花が綺麗に咲いて窓にさしこむ夕日の光線が隣の家の壁からの反射光に映えて見えるのも楽しい。

宇宙は際限がない。太陽は核分裂の光と熱を発して惑星地球に恩恵を与えている。

人は核を操作してはならない。地球を汚してはならいのに原発人災事故で自然界に存在しないコバルト60人工の放射性物質も出てしまったという!化学から噛みつかれてしまったのである。
日本の誇ってきた技術力は崩壊してしまった、と世界はみている。この巨大災害が日本の再出発になるきっかけになって欲しいものである。十五夜の美しい光景を見ながら思った。

あしたも孤高の心で遊ぶことが楽しい。
     
良寛さんの言葉

      世の中にまじらぬとにはあらねどもひとり遊びぞわれはまされる

« IT動画でごんぎつねの語りを勉強する | トップページ | 野に咲く花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ビデオ拝見しました。
気持ちが落ち着いて、眠くなってしまいしました。

「今日も無事に終った」。このごろ、私もそう思って、眠りにつきます。

ようこさん コメントありがとうございました。

今年も十五夜の月を見ることができました幸せです

昨日の夕暮れにまあるい お月様をみました。
きれいな お月様!! 充実の一日をありがとう。

お月さんで、ウサギが餅をついていたように見えた昔が懐かしいですね。科学は月の全てを解明してますが、それでも地球から眺める月は美しいですね。
月見る月は 月見るの月 という句があったような気がします。

michikoさんwatari41さん コメントありがとうございました

十五夜のお月さんは年を重ねるごとに月から教えられることが地がいるように思います。

クオリアさん

 全く同感です。与えられた、というよりも自分たちで引き寄せた条件の下で、最大限の努力をする以外にありません。にしても、政治のおばかぶりにはあきれてしまいます。

schmidtさん 政治家の人災原発事故対策や津波対策の不甲斐無さを世界が知ってしまった。ロボット日本これまた使い物にならない。玩具ロボットを作っていたのでしょうか。
国民不在の政治屋さんはやる事なす事が幼稚です。困窮しているのは大企業・お役人を除く庶民だけ放射能で疎開(戦時中のことばでしたのに)せざるをえない生きるために。戦時中より「陰鬱な空気が日本中に漂っています放射能と共に!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IT動画でごんぎつねの語りを勉強する | トップページ | 野に咲く花 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ