« 真夏夜の音の風景 | トップページ | 誤解の悲劇  »

2011/08/21

朝食に思いつく 遺書は早めに(Evernotとリンク)

下記下線の文章をクリックしてくださいね(EVERNOTにリンクにとびます)
朝の朝食は自分で作ります。退職してから私は朝食を早朝5時過ぎに自前で作ります。5時過ぎには食べたくなりますので、なお妻は年を重ねるごとに朝寝坊が多くなりました。そっと起こさないようにして起床します。隣室から妻のかすかな婦寝息がスースウと聞こえてきます。

写真を掲載のSoftoBankから iPhon・iPad2購入したときの景品である「お父さんグラス」です。愛用のグラス・コップになりました。写真はiPad2で撮影しました。
ITはクラウド(雲)とWiFi無線の時代となりGoogle画面から電話を格安でかけられてしまう時代になりました。
災害時IPhonからのインターネット電話が通じてよかったと言っていた人がいましたが、災害時は使わないようにしなければとは思いますが携帯電話がつうじなくなれば使うしかないと思います。~ITの進歩は驚嘆するばかりです。TVにLANケーブル(WIFiも使えるようになるのかも)を接続すれば万単位のプログラムをみられるとか、
ただし光TVの契約しなければ使いませんが
前置きはこの辺で本番に入ります。slate

朝4時5分起床 目が覚めてしまったのでこのようなときには起床してしまのだ。もう仕事などないから人生の終楽章を語るノートブックをエバーノートに記述することにした。寿命年齢過ぎたからいつ逝ってもよい体になったので気楽に逝こうと思っている。
吉村 昭著:死顔を読み私は深く感銘を受けた。私の心と同期したと感銘する.
と勝手に思い込んでいると言うか、そのように決め込んでいる。
いつパタリと心肺停止になるかわからないので遺言だけは書いておかねばといつも思いながら構想は頭脳の中にしまってあるのだ。それでは妻はわからないだろうでも結婚56年もたてばお互いに解っていると思う俗に結う阿吽の呼吸という言葉が当てはまるかもしれない。定年後は妻に宣言した「上膳下膳」加えて朝食は私が勝手に作る。隣室でスースー聞こえる流れを止めてはいけないと配慮するので足音をしのばせて洗面をしてから「私専用」の小型冷蔵庫と小型「レンジ」が活躍してくれるのである。お湯も徳利の形でとっての付いたコップ一杯分の水で満杯をレンジに要れ一分少しでお湯になる。なつかしいパン焼き器に食パン6枚きりのうち2枚をつまみパンを焼く。無糖のヨーグルト白い大きいカップに入れる。次に納豆・バナナを刻み・モズク・蜂蜜をいれて終わり。
食パンが焼ければちゃんと飛び出してくれるパンのの焼けた香りが充満する。コーヒーカップにレンジから熱くなった程よいお湯徳利を取り出してコーヒーは出来上がる。
栄養満点と自分では思っている。満足ゆっくりと食するiPhonにはTVが移るのでニュースを見る。
美味しいと思う朝の一番の行動である。私の至福の場所であるパソコンデスクで食することもある。東面の小窓から赤い夏の太陽が照らし始める。生きている!と感じる瞬間

« 真夏夜の音の風景 | トップページ | 誤解の悲劇  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然のお迎えが来るのかもしれないと思う日々ですが、
準備万端に越した事はないのですが、まだまだやるべきことが、
多くあると思うような煩悩の日々でもあります。

watari14 さんコメントありがとうございました。

おっしゃることよくわかりますよ 生きれるまで生きようと思う毎日です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/52527899

この記事へのトラックバック一覧です: 朝食に思いつく 遺書は早めに(Evernotとリンク):

« 真夏夜の音の風景 | トップページ | 誤解の悲劇  »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ