« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/28

五・七・五の魅力

Photo

金子兜太の世界「生きもの」紀伊国屋書店 DVDを 鑑賞して五・七・五の凄さを感じました。 金子兜太さん(1919年誕生)曰く”私は、五・七・五イコールのにんげんなんです” 伝統にとらわれない現代俳句という領域を開き俳句文学発展に大きく寄与した俳人の言葉に私は生きることの大切さを感じました。 YouTubeの講演を聞いて生き抜くことの大切さを知りました。 日本特有の五・七・五の魅力は日本列島の四季が明瞭であるという特徴と国土の7割を占める広葉樹や落葉樹、針葉樹の入り混じった温帯雨林が形成されている風土が生み出したものと思います。

亡くなられた奥様をしのんでの句に涙しました。

亡妻いまこの木にありや楷芽吹く

日本記者クラブ総会記念講演は”生きもの”の魂の言葉が迸りいでて感動の連続。

自からの肉体が五・七・五と言われています。 俳人 一茶の生き方のお話にも私の心に新鮮な生きる喜びを感じ,そして

日本人とはこうあるべきだとも感じ取ることもできたと思い、繰り返しも聴講。

"やれ打つな蠅が手を摺り足をする"何故に蠅は”手を摺り足をする”のかその解説を聞き 一茶の心根の優しさを感じることもでき「本当の日本人の原点」に感動!

2011/11/21

智恵子沙展の思い出

夕焼け小焼け

夕焼け小焼はの宇宙の色彩 私の魂の逝く棲家 フルウインドウをクリックしてください。

2011/11/20

晩秋の光

11月sun日八十一歳を迎えた。空白のページをまた1ページをめくった。Photo

20日の散歩は晩秋特有の光と風に恵まれた。池水の波紋に青空が反射し木々が枯れ葉を空中に舞えあげている。水面はその影を見事に反射していた。

iPhonのシャッターを切った。速WiFiでマイPCiCloudに送る。 しばし見惚れていた。つるべ落としの晩秋は夢のような光景を消してしまった

ゲーテは八十二歳でなくなる時に語った臨終の言葉。 「光を、もっと光を」 は知られている。その光でなにを見たかったのだろう。

231120_2

2011/11/10

放射線の健康への影響をYoutubeで勉強

衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」のYoutubeをみて勉強した。 児玉先生の涙して魂からほとばしる妊婦と子供を被爆から守らなけれならない言葉に感動した。 そして広島原爆の数十個分もの人工放射性物質が拡散しその影響は、はかり知れないほど大きいことをしった。内部被爆の恐ろしさをよく認識して行動することを強く感じた。

福島原発廃炉に30年以上の期間が必要と報道されていた。原子炉格納容器の内部の状況もまだわからないという。 核を人は制御できない証拠である。今日誕生した赤ちゃんが30歳になる。大きな負担をかけてしまった。

2011/11/09

冬至に思う

今年も冬至を迎えた。アエル29階の県議会事前投票をしてきた。 29階から見える仙台の景色は素晴らしい。そして思う。「iPhonのカメラで撮影」Photo_3 日本列島の気候の素晴らしさは世界の国々からも羨ましがられている。年間平均気温は約く15℃ 緯度の高い国であるのに温暖な風土である。高緯度の北海道はドイツ・イギリスと同じにもかかわらず亜熱帯の稲がたわわに実る穀倉なのである。 太平洋の黒潮が南から北に列島沿いに流れ四方を海に囲まれる。四季が明瞭であるという特徴と国土の7割を占める広葉樹や落葉樹、針葉樹の入り混じった温帯雨林が形成されている。 この素晴らしい風土に生まれた私は今日81回目の冬至を迎え幸せを感じた。 落葉樹の紅葉・黄葉が美しい色彩に見とれてしまう。余生がなくなった私はしっかりこの美しさを魂に焼き付けた。

Jpg

しかし 3.11巨大地震・津波に襲われ多くの犠牲者がでてしまった。冥福を祈る毎日である。日本列島には岩盤の動きが数百年の周期で襲われる。「災害は忘れたころにやってくる」と古人からの言い伝えがあるのだ。 しかし怒り心頭に達する。人災事故原発爆発が日本人の手によって人工放射性物質が原爆の数十倍以上の粒子がばら撒かれた。 国土の7割を占める広葉樹や落葉樹、針葉樹の入り混じった温帯雨林も汚染されてしまった。故郷を追われてしまった方々の心痛を思うと堪らなくせつなくなる。 幼少の魂の友が私に最後の言葉を残し昨年の暮れに逝ってしまった。 友はこの地獄絵を天国から見つめているような気がした。友が羨ましく思えた。

2

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ