« 智恵子沙展の思い出 | トップページ | 晩秋の仙台市街風景 »

2011/11/28

五・七・五の魅力

Photo

金子兜太の世界「生きもの」紀伊国屋書店 DVDを 鑑賞して五・七・五の凄さを感じました。 金子兜太さん(1919年誕生)曰く”私は、五・七・五イコールのにんげんなんです” 伝統にとらわれない現代俳句という領域を開き俳句文学発展に大きく寄与した俳人の言葉に私は生きることの大切さを感じました。 YouTubeの講演を聞いて生き抜くことの大切さを知りました。 日本特有の五・七・五の魅力は日本列島の四季が明瞭であるという特徴と国土の7割を占める広葉樹や落葉樹、針葉樹の入り混じった温帯雨林が形成されている風土が生み出したものと思います。

亡くなられた奥様をしのんでの句に涙しました。

亡妻いまこの木にありや楷芽吹く

日本記者クラブ総会記念講演は”生きもの”の魂の言葉が迸りいでて感動の連続。

自からの肉体が五・七・五と言われています。 俳人 一茶の生き方のお話にも私の心に新鮮な生きる喜びを感じ,そして

日本人とはこうあるべきだとも感じ取ることもできたと思い、繰り返しも聴講。

"やれ打つな蠅が手を摺り足をする"何故に蠅は”手を摺り足をする”のかその解説を聞き 一茶の心根の優しさを感じることもでき「本当の日本人の原点」に感動!

« 智恵子沙展の思い出 | トップページ | 晩秋の仙台市街風景 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

金子兜太さんは、好きな俳人・日本人のお一人です。

小林一茶の話から『生きもの』の話し、大変面白く聞くことができました。
ありがとうございます。

ようこさんコメントありがとうございました。

音質が良くなかったのが残念でしたね 視聴いただき感謝いたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/53355610

この記事へのトラックバック一覧です: 五・七・五の魅力:

« 智恵子沙展の思い出 | トップページ | 晩秋の仙台市街風景 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ