« 今年も去りゆく | トップページ | 2011年12月31日夕日に思う »

2011/12/27

苦難の2011年が流れ去る

3・11の巨大地震・津波と人災福島原発爆発 多くの犠牲者に冥福をお祈りしてきた九ヶ月二十日も過ぎた。復興の槌音は大きい!人々の絆の大いなることを知った今年。後四日で多難の011年 原発の核拡散さえなければ明るい未来に希望があった。

 

なんとやるせないことだろう この世の人々が過ぎ去り何世代も放射能拡散は続く。

 

放射性廃棄物処理技術もない現代 森林も汚染された日本の原風景があってもそこには核が根付いている。生きるしかないそして達者でポックリ逝きたいものだと冬の夕刻の風景が言っていた。

Photo

« 今年も去りゆく | トップページ | 2011年12月31日夕日に思う »

地震・津波と人災」カテゴリの記事

コメント

わが町も復興計画書ができました。明年は復興元年となるはずですが、放射能に苦しんでいる方々は何年待てばよいのだろうと思ってしまします。
大震災の翌年を見守っていきたいものです。

watari41さんコメントありがとうございました

復興を妨げるもの 人口放射性物質ですね。
ようやく 報道関係も真実を報道始めました。
想定通り・地震で原発損壊その影響が数十代にわたり住民を苦しめてゆくとおもうと怒り心頭に達します。
発電所は配管だらけ、人間の動脈・静脈のようにはりめぐらしておりその配管を溶接でつながっているのですからそこから亀裂が入り破損、そのうえ流体が内壁を削り薄くなってゆきます。各地の発電所で蒸気漏れを惹起しています。
政府をトップに「原子力ムラ」利権サイクルが日本の里山をも汚染、原子爆弾より以上に被曝・汚染地域が広がり「まわたにに首」のたとえのようにじわじわと動植物に襲ってきます。
核汚染の実験台にまたされてしまいました。
停止中の原子力発電所は地震で損壊すればまた核拡散です。東海沖地震の予測・宮城沖も震度5以上の余震の予測されています。見守って行かねならないですね
3.11から報道管制がしかれそのため避難民は核雲の流れに沿って被曝の道を避難したことを黙認していた政府・企業;官庁には大きな責任があるとおもいます。
新帝国主義になった日本

毎日被曝しながらの作業員の方々に頭を垂れております。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

心配ごとは若い人にまかせて、楽しいことを見つけて下さい。

ようこさんコメントありがとうございました。
戦争を知らない人が日本を動かしているのですね。
最低の危機管理に黙っていられなくなりました。
故郷を失った方々を思うとあまりにも悲惨で遊ぶ気にもなれません。
好々爺になる気分はないのです。
旅行に行く先々に放射能があると楽しみより怒りがこみ上げてきます。
癌多発国になることも心配です。
若人よ申し訳ないと思うのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/53585287

この記事へのトラックバック一覧です: 苦難の2011年が流れ去る:

« 今年も去りゆく | トップページ | 2011年12月31日夕日に思う »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ