« ゆく秋の色彩にゆく人生を重ねて | トップページ | 原発冷温停止の言葉&ドイツ自然エネルギー »

2011/12/12

私にはもう見られない皆既月食

Photo 12月10日の晩は皆既月食。私の残り少ない人生にはもう二どと見られない太陽・地球・月の演出する宇宙現象を見ようと思ったが仙台は曇り空だった。 嬉しいメールが五〇代の天体観測趣味の息子から届いた。そう!皆既月食の写真であった。

NHK 12月6日放送の「コズミック フロントへ発見!驚異の大宇宙~偉大な旅人ボイジャー太陽系を超えて」 は私は大宇宙の神秘に感動した。大宇宙から見た地球は点のように小さく見える。

この惑星に生まれた人類は核に手を染めた。原子力むらの権力者たちが核の制御技術がないまま欠陥原子力を輸入!その結果が3・11に原子炉爆発!深刻な炉心溶し核燃料は原子力むらの言っていたいたこととは裏腹に広島・長崎に落とされた原爆の数百倍の核放射性物質を大地に・大気に・海洋に大量に放出しづけていいる。そして日本に住む人たちはすべて世界の言葉にまでなってしまった被曝者が増大している。 無人の惑星「地球」にならぬようにと天を仰いで囁いた。戦後70年 国民は戦争を知らない人ばかりになっている。 戦中は冬の暖房は炭火のみ・夏は家中の窓を開けて風通しを良くして夕方には打水して涼をとった。 現在の世人は我慢できないであろうが、そろそろ昔に帰ろうや・・利権にはしる人々もそろそろ自滅することを認識する時に入った。自然エネルギーの技術開発をめざすことが大事だ。原発の事故が起きている。地震活動期にはいった。毎日地震が起きている。岩盤は隆起し・沈下し・移動する。どこかで日本の原子炉事故が惹起するのではないかときぐする。 核の使用済み燃料の処理技術は到底できない。世界中の核廃棄物は地下埋蔵 時代を担う人々にあまりにも大きい過酷な負債をのこすことになった。 我慢しなければならない時代に入った。 核に地球を汚染してはならない。と皆既月食をみながら思う

« ゆく秋の色彩にゆく人生を重ねて | トップページ | 原発冷温停止の言葉&ドイツ自然エネルギー »

大宇宙」カテゴリの記事

コメント

ここでは、雲の合い間に顔を出した皆既月食を眺めることができました。
次は3年後ですね。
それまでに放射能除染は、どの程度進むのでしょうか。
膨大な汚染ガレキはどうなるのでしょうか。心配の種が尽きません。

watari41さんコメントありがとうございました。

あと3年後でしたか 頑張って生きてまた月蝕見らるよ〜に生きたいと思います。

核の汚染の影響は大きくなる一方ですね。hibakusyaが世界共通語になるほど日本人は汚染されているので子供の甲状腺癌が心配です。
チェルノブイリの石棺が劣化して再度、高濃度放射性物質放出が懸念されておるとか
政府は福島原発の冷温停止?に入ると言っていますが、核が溶融して地下に・・・冷温停止どころではないですね
天を見つめ心を沈めています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/53467323

この記事へのトラックバック一覧です: 私にはもう見られない皆既月食:

« ゆく秋の色彩にゆく人生を重ねて | トップページ | 原発冷温停止の言葉&ドイツ自然エネルギー »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ