« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/23

大寒

大寒に合わせるように22日は市内に積雪7㎝の降雪があった。玄関先に植えてある南天の赤い実が白い帽子Nanten
をかぶり寒そうにしていた。雪を踏みふみ足跡を残して歩いた。雪道は歩きにくい。故郷新潟はさぞ冷たかろうと昔を偲びながらの散歩である。人災原発事故で雪国に避難された方々を思うと胸が締め付けられる思いである。さぞかし雪に戸惑っておられるのではないだろうか、今日23日は3月下旬の気温となった。気温の乱高下は辛い。高台から見る仙台市外は霞がかかっていた太平洋の海坂(水平線)がよく見えた。若林にある焼却場の煙突が見える。3・11巨大津波で浸水したと聞く。散歩道にも盛り土した家が崩壊し更地になっていたPhoto


庭木が根から抜かれ横たわっている。

iPhonの地震速報ソフトは日に5回以上記録(震度1以上)している。茨城方面が多いのが気がかりでる。首都直下型地震が今後4年内70%と報道されている。3・11巨大地震以降日本列島は地震活動期に入ったのであろうか。Photo_2


原発は停止していても核燃料は冷却し続けねばならない。核は現代人にはコントロールできない。経済発展のために電力は必要であるならば核以外のエネルギー開発が急務である。福島の欠陥原子炉は里山まで汚染 高温に晒された炉は減肉してゆくだろう予断はできない。

2012/01/21

電子教科書で日本が変わる

人間の可能性を広げた、スティーブ・ジョブズ氏が昨年10月に亡くなられて、はや3ヶ月になる。 ステーブ.ジョブズ氏曰く「わたくしは人々が」音楽や映像写真などを通じて自分をより豊かに表現することを伝えたい」コンピュターによって人間を解放する!

 

iPad2が発売された。電子教科書にも使うことが推進されている。原発の人災事故原因も公表せざるをいないことになるだろう。

 

iPhonのケースは新潟の技術力のある小企業で作られたと聞く、わが故郷は金物の巧が多いのである。スティーブ・ジョブズ氏の仕様は厳しかったと報道されていた。

2012/01/15

今年の夏季気温予測

今年の6月7月8月の気温予測を海洋研究開発機構でスーパコンピュターで予測をした。ニコニコ動画で見てください。平年気温より0.2~0.3℃高いと発表していました。happy01 技術日本あっぱれ!

シニアブログ悠々空間へどうぞ世界トップの「大気海洋結合モデル」「JAMSTEC」の動画を見てください

歳をとったら熱射病に気をつけよう!!

So_035

フリー素材ページから真夏の雲

2012/01/14

宮沢賢治名著おきなぐさ&ヘドロから発電

今日は1月14日どんと祭であるお正月を送る日が今年も来た。一生懸命に生きてきた過去を思い出す日でもある。

老妻と一緒に2005年5月1日に八ヶ岳にいった思い出は特に大きい。「おきなぐさ」に出会いたから!

エバノートにアップした。

自然を愛した宮沢賢治先生らしい発想のヘドロ発電!

広島大学で川のヘドロから電気を発生させた!!偉い 日本

2012/01/11

訃報が続く年明け

同級生二人の訃報の知らせが届く年明けとなった。

そのうちの一人は海軍予科練(わからない人が多くなった言葉)に行って戦争に参加 多くの人々が日の丸の旗を振って見送ったと言う。ラジオからは軍艦マーチが流れいつも戦果のニュースばかりであった。日本は勝つとおもっていたが広島長崎に原爆投下され日本は降服した。家庭の鉄瓶や金属類を供出しろの命令があった私はおかしい!と思った外で負けるのではと言ったらたちまち憲兵に拿捕されてしむので発言は禁 お寺の鐘までなくなった。

敗戦になり予科練から友は帰ってきた。周辺からは予科練帰りと揶揄された。「人の世のはかなさ」に憤慨していたことに私も怒りを覚えた。

福島原発が爆発 膨大の量の自然界にない放射性物質が放出されたが政府の発表は「問題ない!!安心}をくりかえす報道であったが。大嘘で沢山の住民の方々が被爆された。戦時中と変わらない大本営発表と同じ 悲しい!

歳82になった同級生達は精一杯日本復興に向けて働き生き抜いてきて「死に時」を迎える時がきた。

今日1月11日は雪が降って冷気が襲う 私も死を見据え生きよう。宇宙を仰いで冥福を祈った。

2012/01/01

012年の新日本の幕開け

あけましておめでとうございます。 あまりにも悲しかった011年3・11でした。おめでとうの言葉が心底から出ません。 デジブックの 作者:輝さんの動画をみて涙いたしました。ご覧ください。

 

 2012年初日の出に祈る。

今年は未曾有の地震津波からの復興と世界注目の人口放射能汚染!!に向けて戦う幕開けとなった。いまだに事故収束は見られず全国各地で避難生活を続けている方々とスクラムを組んで前進しよう。原発は地震で損壊することがわかった。原発操作技術も拙劣のことも知った。今年は徹底した節電に努めよう。政府も官庁・電力・プルトニュウムを飲んでも大丈夫という専門家?達のムラの人たちの、たわごとであったことも知った。報道も情報公開(報道管制のため?)しなかったこともわかった。そして11万人を超える人たちが故郷を追われた。そして我々は被爆者となった。

 

我々個人個人が絆を結び日本復興に邁進することを012年の初日の出に誓った。古来から立ち上がったのは住民の絆の力であったのだから。

 

日本列島は地震活動期 AM 9時までに発生した地震は3回発生している。最大震度4.0級は新潟県中越・・・範囲・長野県であった。岩盤が動いている。

01211_2

スピーデイは何故公表されなかったか?避難住民は人口放射能雲の流れに沿って非難した。この悲劇は繰り返してはならない。報道管制をする日本政府

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ