« 電子教科書で日本が変わる | トップページ | おきなぐさ »

2012/01/23

大寒

大寒に合わせるように22日は市内に積雪7㎝の降雪があった。玄関先に植えてある南天の赤い実が白い帽子Nanten
をかぶり寒そうにしていた。雪を踏みふみ足跡を残して歩いた。雪道は歩きにくい。故郷新潟はさぞ冷たかろうと昔を偲びながらの散歩である。人災原発事故で雪国に避難された方々を思うと胸が締め付けられる思いである。さぞかし雪に戸惑っておられるのではないだろうか、今日23日は3月下旬の気温となった。気温の乱高下は辛い。高台から見る仙台市外は霞がかかっていた太平洋の海坂(水平線)がよく見えた。若林にある焼却場の煙突が見える。3・11巨大津波で浸水したと聞く。散歩道にも盛り土した家が崩壊し更地になっていたPhoto


庭木が根から抜かれ横たわっている。

iPhonの地震速報ソフトは日に5回以上記録(震度1以上)している。茨城方面が多いのが気がかりでる。首都直下型地震が今後4年内70%と報道されている。3・11巨大地震以降日本列島は地震活動期に入ったのであろうか。Photo_2


原発は停止していても核燃料は冷却し続けねばならない。核は現代人にはコントロールできない。経済発展のために電力は必要であるならば核以外のエネルギー開発が急務である。福島の欠陥原子炉は里山まで汚染 高温に晒された炉は減肉してゆくだろう予断はできない。

« 電子教科書で日本が変わる | トップページ | おきなぐさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年の我が家の南天は、不気味なほどに赤くて驚いております。
気のせいなのかも知れませんが、気味が悪いほどです。

わが町の新人町会議員が、町内百ケ所ほどを丹念に
放射能測定したデータを公表したところによると、保育所の
雨樋下で3マイクロシーベルトというデータがありました。
局所的なものですが怖いものです。

若林の焼却場は、一日に400トンも処理する大型のもの
だったように思います。わが町のものは30トンと小型ですが
全てが海水につかり、明年3月に復旧の予定ですが、大変な
ことです。ゴミ焼却での発電が話題になったことがありましたが
大型施設のガス爆発事故でストップしたままと思います。
代替エネルギーも種々の難しい問題を抱えているようですが
全力をつくせば、何とかなるのだろうと思っております。

トヨタが希土類金属を使わないハイブリッド車を開発の記事が
ありましたが、おそらくは発電機を使わない方式なのだろうと
思いますが、詳細は未公表ですね。

watari 14さんコメントありがとうございました。
原子力はムラが利権の構造を守っていたから代替エネルギーを開発しなかったのでしょう。
一握りの利権ムラの連中は森も・里山も・畜産も・畑も海洋も100年以上もの汚染をさせてしまいました。、
欠陥原子炉とわかって導入した自民党政府・独占企業は 責任を取らねばなりませんね
事故原子炉は錆びが進み核燃料が大気に露出するときまた高濃度放射能が放出されることを危惧します。
神の領域に手を染めたムラの人たちは裁かれるべきです。
南天の実 多いですね 危機を感じているのかもしれません。

 原発事故がもたらした状況を少しでも改善するためにあらゆる場面で努力する必要を感じます。もっと真剣に、真摯に解決に向かってほしいものです。
 英知とパワーを結集して、国民の見えるところで、取り組みを進めるよう切に希望します。

南天の実きれいですね。
前の家には植えていたのですが、今の家の庭にも植えよう!

>原発は停止していても核燃料は冷却し続けねばならない。
そうなんですね。どうしてそこまで考えなかったのでしょう。

shmidt さんコメントありがとうございます。原発はこのような人災事故は絶対ないとムラの人たちは思っていたので事故が起こったときの処置はまったく考えもしなかったのですね。政府はそれでも40年間運転よしとしました、まったくおかしいです。このままですと格納容器の損壊の恐れをしんぱいしています。手がつけられないのですね。

ようこさんコメントありがとうございました。
雪に南天はにあいます。
ぜひうえたください。

核種により自然消滅まで人はまつのみです 恐ろしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/53805686

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒:

« 電子教科書で日本が変わる | トップページ | おきなぐさ »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ