« 日本の国民は強い | トップページ | 忘れられぬ記憶 »

2012/03/01

iPhon用ガイガーボットと散歩

小さい春がやってきた。気圧配置は冬と春の綱引きが始まった今日3月1日は暖かかった。枯れススキも綺麗にみえた。

1
一本もらってベット脇の花瓶に飾ってみた。小さい春が近づいたように思ったが。 

しかし昨年の3月11日午後2時46分!!

 わが国が戦後最大の苦難を迎えることになった。自然は無慈悲で残酷な破壊を人間に襲いかっかった。その上、欠陥原子炉マークⅡ!の炉心溶融!放射能雲が襲いかかった。枯れススキも綺麗にみえる時期である。見えない恐怖。広範囲の汚染。失われた故郷。巨大津波に破壊された建物の瓦礫が汚染されその処理が数十年以上もかかるといわれている。とどまることを知らない被害の連鎖に季節を愛でる気がなくなってしまった。

散歩にiPhon用ガイガーボットと散歩するようになった。子供たちの遊ぶ公園のセシューム137を計って見るためである。

iPhonアプリにGeiger Botをダウンロードして福島の三和製作所が開発した。Sany0045

商品名{ガイガーFUKUSHIMA]を購入しiPhonと接続してポケット入れて歩くのである。

簡便に測定できるので良いが。このようにしなければならない異常な空気になってしまった。登下校する学童を見かけるにつけ健康を祈る日々である。放射能測定は寿命年齢を突破した私にできる仕事でもある。高度成長期に現役であった私は電力消費量が急激に増大していたころである。ついに原発に依存するようになった。そして、起こるべくして起こった核の暴走を防ぐ手立てもわからない。この国難を予測していた人々の声はとどかなかった。

仙台市青葉区で放射線量測定ブログを閲覧した。ありがたいことです。

こちらをクリック

公園でサッカーをして運動している子どもたち

Kouin

« 日本の国民は強い | トップページ | 忘れられぬ記憶 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

 花瓶と枯れすすきがよく似合っております。
利休の花入れを思わせる景色だと思います。

それにしても、放射能には困ったことです。
毎日のように測定している方々も多いですね。
どこまでが自然放射能なのか、はっきりと
させてほしいものだと思っているのです。

watari14さんコメントありがとうございました。

枯れススキの写真褒めていただき感謝致します。やる気が出ます。
県は放射線測定について積極的でないようです。だから個人で測定する人がおおいのですね。河北新報 1日の夕刊にも農作をやっておられる方がなけなしの貯金を下ろして高性能のガイガー測定器¥300万で購入土壌の放射線量を測定している記事をみました。役所に云っても対応してくれないのです。自分でやるしかないのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/54116080

この記事へのトラックバック一覧です: iPhon用ガイガーボットと散歩:

« 日本の国民は強い | トップページ | 忘れられぬ記憶 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ