« iPhon用ガイガーボットと散歩 | トップページ | 森羅万象すべて崩壊する »

2012/03/04

忘れられぬ記憶

2011年3月11日 午後2時46分から後7日で一年をむかえる。何事もなく平々凡々の生活こそ幸せであることを思い知らされた。 

わたくしは生まれて81年3か月となるが”何事もなく平々凡々の生活こそ幸せであることを思い知らされた。と思ったのは2回目である。一回目は太平洋戦争である。爆撃を受けた都市は瓦礫の山となった。食糧不足で”さつま芋”の蔓を食べて生きそして避難した。町はひっそりと静まりかえり、人影がなくなった。遂に原子爆弾が広島・長崎に投下され放射線は地獄をつくりだした。1945年(昭和20年)8月15日終戦。犠牲者は軍人が230万人、一般住民が80万人死亡した。わたくしは何事もなく平々凡々の生活こそ幸せであることを思い知らされた。復興とは日々を時の流れにそって感謝して生きる状態にすることだと思った。

1945年(昭和20年)に生まれた人は67歳となり戦争をしらない人が多くなった現代である。

平和を謳歌していた現代に襲ってきたのが巨大地震・津波 東日本太平洋岸地域は瓦礫と化し”地獄は地上にあふれた。そのうえに追い打ちをかけてきたのは原発の核爆発 核の”ひばくしゃ”は数知れず。避難者は12万人以上と河北新報HPで報じられていた。地方紙の情報は何よりもPhoto_2市民は頼りにしているのである。何故なら市民と同じ視線で情報が開示されるからである。記者のみなさんは「いのちと
はなにか」を自問しながら涙し取材したことだろうとおもう それでも新聞を作り続けなければならない使命があるのだから、時間が過ぎ去るほどに苦しさが増すのではないだろうか心配している。

まるで戦争である。原発爆弾の核は瓦礫も汚染し復興の大きな足枷となり時がたつにつれこの災害・人災が魂に与える影響は大きい。科学技術の発展進歩するごとに自然破壊が増加し里山から若者が消えてゆき自然との共栄がなくなり過疎化は進んでいる。その里山にも核が襲ってきた。

日本の自殺者は毎年3万人以上、累計で40万人を超えている。一都市が消滅していると同じである。これは異常である。

屋上屋の国難を日本の国民は必ず復興を成功させる。それが古来から受け継がれた日本民族の魂があるからだ。

わたくしは現代が一番の国難の時期であると思っている。

« iPhon用ガイガーボットと散歩 | トップページ | 森羅万象すべて崩壊する »

地震・津波と人災」カテゴリの記事

コメント

 終戦放送の後で、わが町に駐屯していた30人ほどの兵隊さんが、家の空き地で一服してから
再び徒歩でどこかに向かったのをかすかに記憶してます。戦前派の人たちも少なくなってきました。

 東北の海岸地帯は、どこも絨毯爆撃を受けた状態と同じです。放射能という余計なものが
絡まっております。今日は年に一度の町内会の総会でした。3.11を思い出し、自家発電機で
ガソリン残量を心配しながら井戸の水をくみだしたことなど語り合いました。

方丈記の書きだしのごとく、ときは流水のようですね 

ゆく河のながれはたえずして、しかも、もとの水にあらず。よどみにうかぶうたかたの、
かつきえ、かつむすびて、ひさしくとゝまることなし。よの中にある、人のすみか、また、
かくのごとし・・・・・・

いつの世も、苦難の多くかかえて生きてゆくのが人生とおもっています。
東南海地震の確率が高いとか・・・大災害が続かないよう祈るのみです
長生きは苦難に遭遇すること多いです。これまた修行です。


「河北新報のいちばん長い日」楽しみにしています。
たしか、3月11日放送だと思います。
震災のドラマを楽しみという表現はあっていませんが・・・・。

先日は壁新聞を6日間出し続けた石巻の新聞社のドラマをみました。
津波や地震の被害の迫力にはかけていましたが、石巻の新聞社の状況をおおまかに知ることができました。

戦後生まれですが、
戦争の被害を受けたような重苦しい気分です。

コメントありがとうございました。

戦中の報道管制はまさに国民は敗戦まで日本は勝って居ると信じていました。
しかし各家庭から鉄瓶等の金物を供出命令が出たときには、これはおかしい
と感じていました。
日本は神国だから必ず勝つと国民は信じていました。
原発は絶対安全の神話が崩壊した現代も変わりません。
今度は神の領域の核を崩壊したのですから現代人は癌に侵されてゆく
のでしょう。
地元紙の情報がますます重要になります。
河北新報のいちばん長い日を読んで涙しました。
わが故郷新潟の新潟日報の大きな援助があったことは、
わがことのごとく嬉しかったですよ。

‘明日をあきらめないがれきの中の新聞社‘は、本日10日放送でしたね。
間違っていて、ごめんなさい。
TVを見逃してしまったので、今「河北新報のいちばん長い日」を、読み始めました。
緊張感や迫力があり、ひきつけられます。
はい、購入してあったのに、まだ読んでいませんでした。

ようこさんおしらせありがとうございました。

ご安心ください見ました。本の方が迫力と真実味が伝わってきました。記者たちの地獄の渦中を苦悩との葛藤の中で取材のためにカメラのシャッターを切ることの苦渋の中で取材を続けなければ情報を待つ人たちに伝えることができないのですから、巨大地震の破壊力は想像を絶するものでした。記者のみなさんへご苦労様としか言いようがありません。
尊い命を奪われた犠牲者の方々に
明日11日14時46分黙とうします。

国難の深刻さを忘れてしまっている人たちが多いような気がします。
他人の苦しみは本当には理解できないのかもしれません。悲しいことですが。

Schmidt さんコメントありがとうございます。

たしかに大変な「国難」であるのに感じていないようです。

大変なことになることなっているというのに

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/54136897

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられぬ記憶:

« iPhon用ガイガーボットと散歩 | トップページ | 森羅万象すべて崩壊する »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ