« 桜散る姿に吾が老いた心と共鳴する | トップページ | 安易な装備の登山者は「死に急ぐ」ことだ »

2012/05/09

五箇条の御誓文が生きている

平成23年3月11日14時46分以降 "政・管・独占企業・原発学者・大手報道機関"以外の平民には日本民族の遺伝子が脈々と受けつながっていることを感じた。

欠陥原子炉を輸入し制御技術も知らない原子炉が爆発暴走している。
戦後より過酷な試練を受けていると、戦中生まれの私は思う。

特攻隊のごとく、わが身を顧みず活動した”消防””自衛隊””原発下請け作業員の方々”は「日本のために働かねばならない」といっていた。 指揮命令系統が崩壊しても日本民族は黙々と行動する。
東北の人たちの冷静な行動に、日本は戦前となんら変わっていないと外国人は感じたようだ。

南三陸町役場で自らの命を顧みず マイクを握り「大津波が来ます高台に避難してください!!}と死ぬまで連呼していた女子職員の声は神の声であると思った。

日本民主々義の”五箇条の御誓文”が生きていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・五箇条の御誓文・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ
一上下心ヲ一ニシ盛ニ経綸ヲ行フヘシ
一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
一 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公動ニ基クヘシ
一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇陛下が被災地をおとずれて「やさしく声をかけておられるお姿」は外国とは違う われわれは生きる力を与えていただいた。 

外国に従属する政・管 を国民はどのように感じているだろうか

自立しなければならないチャンスがきた。
”一 旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公動ニ基クヘシ”

われわれ国民はできるのだ。

 

 

« 桜散る姿に吾が老いた心と共鳴する | トップページ | 安易な装備の登山者は「死に急ぐ」ことだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今から考えると3月11以降、何が何だかわからずに行動していたところがありますね。
今もなお、被災者の方々は、仮設住宅でよく耐え忍んでいるものだと思っております。
南三陸町で、天皇陛下が深々と頭を下げる様子をみて、こういう拝礼は我々にはとてもできないと思ったものでした。隣で宮城県知事があわてて頭を下げましたが、とても様にはなっておりませんでした。

>宮城県知事があわてて頭を下げましたが、とても様にはなっておりませんでした。<

全く同感です。

今日の河北新報朝刊のトップページ 放射能に襲われ人生を奪われた主婦の焼身自殺 
東電は他人事のような対応記事に激怒いたしました。
今の政・管・独占企業の実態です。

河北さん報道ありがとう 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/54606662

この記事へのトラックバック一覧です: 五箇条の御誓文が生きている:

« 桜散る姿に吾が老いた心と共鳴する | トップページ | 安易な装備の登山者は「死に急ぐ」ことだ »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ