« わからない日本語 | トップページ | 受粉に未来を感じた »

2012/06/13

人生の期限を言い渡されたとき&薔薇と人生

今年もいつの間にか季節は夏を迎える。Photo

たった一度の人生を生きる人々は最高の人生の見つけ方を探しながら歳を重ねる。

アップルTVからビデオ「最高の人生の見つけ方」をダウンロードして鑑賞

ジャック・ニコルソン モーガン・フリーマン

ロブ・モロー ビバリ・トッド

監督 ロブ・ライナー

あらすじ;勤勉実直な自動車整備工「カーター」と大金持ちの豪腕実業家「エドワード」
出会うはずのないない二人が、人生最後に病院の一室で出会った。

家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきたカーター、そしてお金だけは腐るほどあるものの見舞え客は秘書だけというエドワード。

お互いに人生の期限を言い渡された・・・・・・・・・

寿命年齢を超えた私も人生の期限を言い渡された・と同じである。

手を折りて昔の友を数ふれば亡きは多くぞなりにけるかな と 良寛さんは詠んだ。

寿命年齢を達しない人や生に執着する人が人生の期限を言い渡された・とき、

必死で思うことは最高の人生の見つけ方を探すことになるのかも知れない。

この映画は毎日の日課で起伏の多い道を選んで散歩する私の脳裏に焼きついた。

方丈記の書き出しが、鮮明によみがえってきた。

ゆく河のながれはたえずして、しかも、もとの水にあらず。・・・・

月初めに、義兄が91歳でこの世を去った。「名職人として生きた姿」をこの映画とかさねていた。

ジャック・ニコルソン モーガン・フリーマンの演技が迫真にせまり素晴らしい。

映画っていいものですね

« わからない日本語 | トップページ | 受粉に未来を感じた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画館でこの映画を見たことがあります。
何が最高の人生なのか、個人個人にとって異なるのでしょうね。
あれがやりたかった。これもしたかったということが、どうしても出てきます。
私も男子の平均健康寿命を過ぎてしまいましたが、本来の寿命が来るまで、できる限りのことをやっておきたいと思っています。
薔薇はすばらしいですね。それに詩をつけたクオリアさんの感覚もまたすばらしい。

「最高の人生の見つけ方」、見ましたがぼんやりとしか内容を思いだしません。困ったものです。
今年は我が家のバラもたくさんの花をつけ、毎日新しいバラを飾って楽しんでいます。

ようこさん コメントありがとうございました。
薔薇満開の季節になりましたね

散る時もまた感じることが多いです。

watari41さんコメントありがとうございました。

平均寿命年齢になりましたか 早いですね。

バラの動画を評価していただき感謝いたします。

いい映画でした。ジャック・ニコルソンさんは、わがアイドルです。苦みばしったいい男だとおもいます。男の悲哀を演じさせたら天下一品です。ユーモアもうまい。悲哀とかペーソスといった表現では、同じジャックでも、ジャック・レモンさんの右に出る役者はいないと思っていました。でも、現代ではやはりこの人でしょう。

Schmidt さんコメントありがとうございました。

>男の悲哀を演じさせたら天下一品<

同感です!! 演じることができることは 男の悲哀を深く知っている人生を送っているからでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/54951475

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の期限を言い渡されたとき&薔薇と人生:

« わからない日本語 | トップページ | 受粉に未来を感じた »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ