« 私のデジタルライフ | トップページ | 幼少の頃の思い出 »

2012/07/30

福島原発MarkⅠと沸騰水型原子炉の設計問題指摘を視聴して思う

事故調から報告書が発表された。安全神話を信じていた自分が大変な阿呆に思えた。

戦時中に軍国主義に洗脳されたと同じような情けない感覚である。

登校・下校時の児童を見るにつけ「申し訳ないと」”こうべ”をたれる

核燃料処理技術もなし・廃炉技術もなし この世の政・學・官・電力は福島原発MarkⅠと沸騰水型原子炉の設計問題を知りながら「原子力村の人間は」日本に導入した。

日本の里山も海も国民も原発爆発で汚染された。まだ原発は安価で発電できると言う。核処理。廃炉にかかる費用は国民に大きくのしかかって来る。数十年後に経済発展?どころではなくなると思う。

このYuoTubeは前に記事にのせたが事故調が原子炉設計にまだ言及していない

現代では核は神の領域とおもう 里山を追われてしまった方々を思うと断腸の思いである。

電力不足との理由で大飯原発再稼動 地下には断層がある 原発が稼動すれば火力発電停止する。

« 私のデジタルライフ | トップページ | 幼少の頃の思い出 »

原発爆発」カテゴリの記事

コメント

 まったく同感です。今の政治、経済のリーダーらには、若い世代に対する真摯さ、責任感が決定的に欠けている。事の重大さを低く見積もり、身の安全をはかることにきゅうきゅうとしています。心の底からの怒りをおぼえます。
 それと、つくづく思うのは、他人事は所詮、他人事なんだなあということです。東日本大震災で起きた事柄=環境に対する犯罪=をどこまで共有できているかを人類史的に試されているようなものです。

schimdtさんコメントありがとうございました。

私は片手の指折りで数えられる年数しか人生が残っていませんが、
それだから強く思うのは あまりにも大きい負担を後世に残したと懺悔しています。

日本の原発の地震対策も拙劣ですね。原子炉だけ耐震対策をして非常時に使う非常用発電機・配管類が耐震強度が低く設計とは、あきれ返るばかり
活断層上に原子炉設置 原子力ムラの人たちは責任を取らねばなりません。

国民からの意見聴取も電力幹部が出席とは! まだ原子力ムラが持続しています。
原子炉停止中といえども直下型地震に襲われればまた原発爆弾が爆発する
と思うこの頃です。


詐欺師は、自分がその話を本当だと信じ込まないと、人を心底騙すことはできないといわれてますが、今回のことを見てますとまさにその通りなんですね。大日本帝国を信じていたと同様に原子力ムラの方々は、その話を信じ込んでいたのでしょう。
今もそのことを信じているからこそ、再稼働があったのでしょうね。
ムラは原子力教団みたいな感じもしているんです。宗教だと簡単に棄教できなんですね。
チェルノブイリ同様の大事故で、あの程度の放射能拡散で留まったのは、爆発後も吉田所長をはじめ決死の覚悟で事故処理に当たった人々がいたためだと言われているんですね。
ありがたいことです。

watari41さんコメントありがとうございました。

なるほど原子力教団ですか 犯罪者ですね 

国民はあらたなデモを立ち上げました。原子力教団を全滅させねばなりません。
後世に大きな負担を残してしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/55311646

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発MarkⅠと沸騰水型原子炉の設計問題指摘を視聴して思う:

« 私のデジタルライフ | トップページ | 幼少の頃の思い出 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ