« 幼少の頃の思い出 | トップページ | 敬老の日に思う »

2012/09/11

ジャズフェステバルin仙台でA音で涙す

私のこの「ブログ心」を2004年3月に立ち上げていただいた恩人が ジャズフェステバルin仙台榴ヶ岡公園エントラス広場で九日(日曜日)十一時からの初演「SterParadiseOrchestra」にクラリネット奏者として演奏された。私のPC仲間の方と会場で巡り会い一緒に聴くことができた。非常にうれしかった。

東日本大震災から一年半死者は一万五千八百七十人今なお二千八百十四人の方が行方が分からないのである。

「SterParadiseOrchestra」の方から初演時にA音を発しご冥福を祈ります。ご賛同の方は起立し発してください。全員が賛同し10時59分から1分間 A音を発した。

涙がとめどなくでて泣き声になってしまった。ラ~~~~

すばらしい「SterParadiseOrchestra」の演奏であった。恩人のクラリネットの音も私の心根を震わせたのであった。

未曾有の大震災と東電の「人災、福島第一原発のメルトダウン」で、これらの関連死や里山までも汚染され林業や里山農耕までも破壊されつつありこれからさらに進行形にある。希望を失った方々のことを思うと、断腸の思いである。政府・保安院・東電は大罪を犯した。

今日九月十一日十四時四十六分私は広瀬川の川辺でA音を発し黙祷をした。

« 幼少の頃の思い出 | トップページ | 敬老の日に思う »

地震・津波と人災」カテゴリの記事

コメント

見事に録音されておりました。当日の会場を思い起こしております。
またクオリアさんの発生音も、これに近似ですばらしいものです。
翌日の河北新報にA音は、ラであると記されておりました。
当日は数年ぶりにお目にかかり、お元気なお姿を拝見し
また、お世話になってしまいましたこと厚く御礼を申し上げます。
私にとっても、ブログ開始の恩人であります。
長いこと続けておられるのも、ご両人のおかげであると、感謝し
続けております。
鎮魂の表現方法はいろいろとありますね。魂に響くような音色を
聞きました。

watari41さん丁重なコメントいただき本当にありがとうございました。
昔 御家にお伺いして丁重なおもてなしを、頂いたことを思い出し重ねてお礼申し上げます。

私、A音を発して気持ちが落ち着きました。

またのお会いする日を楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

広瀬川で「A音」・・。なんて素晴らしいんでしょう。きっと届きましたよ。本当にありがとうございました。

schmidtさんコメントありがとうございました。

A音は宇宙に届く音色であること知ったことは私にとって大きな心の支えにもなりました。
感謝

ジャズフェスに行くことができませんでした。
クオリアさんとschmidtさんのA音を聞くことができ、感謝!

震災の記憶をジャズフェスのA音に残されますね。

ようこさん、コメントありがとうございました。
A音をschmidtさんと発することができたこと、大変感動いたしました。

watari41さんとシニアネットの方ゞに久方ぶり、にお目にかかれる
ことができて幸せを感じました。

暑い日が異常なほど続きます。お体気をつけてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/55632675

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズフェステバルin仙台でA音で涙す:

« 幼少の頃の思い出 | トップページ | 敬老の日に思う »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ