« ジャズフェステバルin仙台でA音で涙す | トップページ | あなたえ »

2012/09/17

敬老の日に思う

大辞林を見た「老」とはを、

年をとること。また,年寄り。 「生(しよう) ・ - ・ 病・死の移り来(きた)ること /徒然155

敬老という言葉は八十路を超えた私には重い言葉に感じる。毎年々リックサックが
重くなる感じだ。

老 ローという音の響きはまこに悪い響きだ。

老人が激増している。健康寿命という言葉が生まれた。医療費を使わぬ老人のことをさし寿命年齢は嫌われる時代になった。

バスに乗降とあわせてバス乗車券を出すのに時間がかかる、老人が多くなった。運転手さんがもたもたして手提げを探す老人の手伝いをする。バスの運行時間が遅れがちになるのは当たり前。

停留所にバス待つ老人がブツクサ言っていた。「時間になっても来ないな!!」と
何回も言う。乗車してもブツクサと、文句を言われる運転手さんも せつ なかろう。

病院も老人で混雑している受診まで2時間はかかるのが普通のようだ。そして西洋薬の副作用が老人の動きをさらに悪くする。

薬袋をいっぱい抱えて出てゆく老人の姿は実に悲しい。{「生(しよう) ・ - ・ 病・死の移り来(きた)ること /徒然155 }そのもの

敬老と言う言葉は現世には必要なのか考え込んでしまう祝日である。

極暑さが明日も続く、天気予報のアナウンスから連日聞かされる

「老人!の方は特に熱中症に、ご注意」要らぬお世話だわい 老人の心境は老人にならなければわからぬ。

そして日が沈んだ 明日の日は見なくて良いと思いながら逝ってしまった親友との若き日の楽しき日々を思い浮かべ、バッハ♪をヘッドホンで聴きながら思う。私の"遺書"〇延命治療拒否〇家族葬〇親族はお断り〇弔花・弔問・香典は頂かぬこと  〇戒名お断り

老木の倒れるときの姿は美しいと思う、葉は灰色に化して幹はひび割れし弱い風が吹いたとき倒れてゆく 水分の含んだ枯れた幹と葉をバクテリアが分解してくれ栄養分の多い肥沃の土となり幼木の栄養源となる。この姿に私は頭をたれ敬うと言う言葉が似合うとおもった。神々しさをもみえる。

人間にはあてはまらないこの敬老・・???

せめて私の老獪の身は焼却後粉末にして樹海に散布することにしたい。

いくらかでも大地に栄養になるのではと思う気持ちである。いつか眠りについた・・・

 

« ジャズフェステバルin仙台でA音で涙す | トップページ | あなたえ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

>「老人!の方は特に熱中症に、ご注意」要らぬお世話だわい

 そうですよね。日本の社会って、いたずらに過剰です。暑ければ避暑。寒ければ避寒の工夫をするのは当たり前。判断力のない子どもならいざ知らず、繰り返し繰り返し叫ぶことじゃないだろう、とわたしも思います。やたらと高い駅のアナウンスも同様です。
 その人の責任、ということがどこかに吹っ飛んでしまっています。何かことがあると、競って取り上げ、あおるメディアにも責任があります。

schmidt さんコメントありがとうございました。

日本社会はいらないお世話を過度にするのですね 責任回避のために「いらぬことを」
何回も迷惑メールのように言ってくるのですね。

3年前 地下鉄の駅で「車内で不審な荷物とうがございましたら乗務員にお知らせください」
電車には乗務員などいないのに放送すればそれで責任なしとするのでしょうね

私 乗務員とはどこにいるのかと聞いたら 返事に困っておりましたが二三日たって地下鉄
に乗ったら「車内で不審な荷物とうがございましたら運転員にお知らせください」と変わっていました。

日本の過剰サービスは人を子供のように思ってるのですね。

素晴らし,生き方ですね、全く同じ考え方に感動しました。先日ある老人と話していた時に老人が早く迎えが来て欲しいと話して来ましたので、某病院である(ツボ)をマッサージすると長生きできる聞きましたと、言ったら是非その病院を教えて下さい・・・・・・
自分も子供達に同じ事を伝えました。出来たら夜寝たらそのまま、この世とおさらばしたいです。
またの、投稿を楽しみに知ています。

uguisuさんコメントありがとうございました。

私の思いに同期していただき嬉しいです。

また遊びに来てくださいね

老人という言葉を嫌う人が意外に多いのです。
そんな年齢に達したのですから、一向にかまわないのですが、おかしなものです。
老人らしくない老人が増えたのも事実ですね。
徐々に体力が弱ってきているので、なかなか自覚できませんが10年前のことを
思いますと歴然たる違いがわかります。
115歳、最高齢の方が亡くなりましたが、前年まではしっかりしていたように思います。
120歳の自然寿命説がありますが、何となく納得できます。
生物の一つなんですから止むを得ぬことです。

watari41さんコメントありがとうございました。

年齢が重ねるごとに 辛いことが多くなります。老木に聞くわけにいけませんが 植物もつらいのかもしれないな~
と、おかしなことを考えています。

「老人の心境は老人にならなければわからぬ」40年前に89歳で亡くなった祖母がよく言っていた言葉です。
今、時々両親の世話に実家に通っています。
自分の老いの姿を学んでいるような気がします。
介護だけではなく、楽しい時間も組み入れながら生きてゆきたいと思っています。

ようこさん コメントありがとうございました。

>介護だけではなく、楽しい時間も組み入れながら生きてゆきたいと思っています。<

大切な心得ですね 自分のための

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/55683485

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日に思う:

« ジャズフェステバルin仙台でA音で涙す | トップページ | あなたえ »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ