« あなたえ | トップページ | ふるさとは言うことなし »

2012/10/18

82歳の同級会

人生のうちで一番の思い出は心の友が芽生えるときの13歳~18歳の人生の流れのときである。今82歳を流れている。ともに学んだ多くの友達は神に召されて逝ってしまった。 生きているものが両手の指で数えらるほどになってしまった。 故郷、彌彦山の山麓にある岩室温泉で同級会があった。方丈記の巻頭を飾る名文が似合う82歳の同級会である。

Photo_2

« あなたえ | トップページ | ふるさとは言うことなし »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

心 同感

同感コメント 大変ありがとうございました。

しっかり生きていきます。

「ただ水の泡にぞ 似たりける」
そうですよね。泡なんです。われわれ人間は。心、神妙に日々を送ることにしたいのですが、まだまだ修行が足りません。

国宝:横山大観の「生々流転」、の絵巻物を見るが如き滔々たる流れ。音読の声もまったく衰えておりません。昔の人は名言を発しております。
現代の文豪と言われる方に、こんな歴史的な名文句が出てこないものかと期待しているんです。さらに元気で長生きしてください。

schmidt さん コメント こころからお礼の言葉を発していました。

人生 これ修行なのですね お呼びのかかるまで

watari41 さん

 横山大観の「生々流転」、の絵巻物を見るが如き滔々たる流れ<

八ヶ岳の渓流で撮影した画像を公開いたしました。
いい思い出の 動画となりました。

生きねばならぬのですね 人生を!

水の流れる映像、水の音と鳥の声、方丈記にふさわしい声での朗読。
深い文章ですね。

82歳になっても集まる同級生がいらっしゃるとは羨ましい。


ようこさん コメント 感謝!!

毎年 ひとり ふたり よ逝き 集まるごとに 寂しくなる光景は
方丈記書き出しの言葉を映し出しております。
死にたい老人からもれ出す ことば は枯れ逝くすすきに似て
おります。死をしらない9歳ころの私たちは群れをつくって
遊びに夢中でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/55915949

この記事へのトラックバック一覧です: 82歳の同級会:

« あなたえ | トップページ | ふるさとは言うことなし »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ