« 南三陸福興市 | トップページ | 戦中戦後を生きた少年の記憶その一 »

2012/11/18

満82歳

ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォーで乾杯Photo_2
雪国 越後で生まれ海がしけると、きまって地の底から突き上げる浪打の音がドドゥ~ドドゥと聞こえてくる町並みに0歳~18歳までの人間形成の重要な時期を自然のゆりかごの中ですごした。

この”としつき”は私の魂をゆさぶる こころの基底原画である。

裏日本特有の鉛色のどんよりした日々が多いのだ、雪国の四季には雪の生殖細胞を含んでいるのではないかと思うように鉛色の雲に覆われる日がおおいのであるが、そのことが対比して晴れた日には樹木も家々も人々にも美しく光、輝きをあたえるのである。 日本海の風情は世界一美しいのであると信じている。表日本に住んでみて、このことがますますはっきりと分かった。今日を生きぬき82歳となった。

わが ふるさと 越後の海は 往生極楽のねむりの わが住みかであると決めている。

水上 勉著 「越の道」河出書房新社刊 の”日本海の人と自然”の一文

に見事に表現されていた。

・・・・日本海は、時には荒れ、時には晴れ、時にはくもりするうつろいやすい空で、今日も、不変の波を打ちよせつつ、有為の山河を抱く。
げに、日本海は、変わりゆく日本で、失いつつある人の美しい暮らしを、いましばらく保ち得て、きらめくような四季を温存している。・・・

この文を何度もよみ 思い出を反芻していた。

10月10日に級友から誘いの便りがあった。私は矢も楯もたまらずふるさとに行った。

そして16時11分 シャッターを切った。逝ってしまった魂の友の名を呼んでいた。~~~遠くに地平線(うなさか)に佐渡ケ島が浮かんでいた。

Furusato

Twitterの友、たあ丸さんからバースタイン・マーラー復活終楽章のご紹介があった。この曲は私の愛好曲に入っている早速youtyube(http://youtu.be/Au8qHVoUAUg)聴いてよかった

おお わが心よ信じなさい お前が何も失っていないことを!すべて お前のものだお前があこがれ そして愛し得ようとしたものは!おお 信じなさい お前はいたずらにこの世に生まれ理由もなく 苦しんだのではないことを!生まれ出た者は滅びなくてはならないそして 滅びた者は復活する震えおののくことはない!生きる覚悟をするのだ!苦しみよ死よ 私はお前から逃れる今や お前は征服されたのだ私は、かちえた翼を広げて燃える愛の力でまいあがるだろうはるかな光のもとへかちえた翼を広げて 私は舞い上がろう!復活するために私は死ぬのだ よみがえるだろう!我が心よ 一瞬のうちに!お前がうち勝つたものが 神様のところへお前を連れて行く!

« 南三陸福興市 | トップページ | 戦中戦後を生きた少年の記憶その一 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 太平洋側でしか暮らしたことがありません。娘夫婦が富山在住だったことがあって、ひょっとしたら日本海側での暮らしの一端を知ることができるかと思っていたら、すぐに転勤になってしまいました。残念なことです。

 今、丸山健二さんのエッセイ「安曇野の強い風」に夢中になっています。何度目かの再読です。以前は個性が強すぎて、ずいぶんと格好つけだなあと思う部分もありましたが、東日本大震災を経て読むと、隅々まで分かるような気がします。日本人には必読のテキストだと思います。

schmidt さん コメントありがとうございました。

え!お嬢さんが富山に在住されていたのですか 
私は今「宮本 輝著 蛍」を朗読しています。富山の風情が見事に画かれています。

ふるさと越後の隣が越中ですね。富山弁を「日本のふるさとことば集成」CD ROM付(富山・石川・福井編)で勉強しています。越後弁と似ているところもあります。

日本語の魅力にとりつかれています。

「安曇野の強い風」を早速読んでみたいと思います。ありがとうございました。

日の沈む海。最後は燃え尽きた太陽が真っ赤に空一面を染めて、そして徐々に暗くなっていくんですね。そんなことを考えておりました。
角度にすると、あと10度くらいは残っているような気がするのですが、どうなりますか。
西方浄土なのか、はたまた神様が連れて行ってくれるのか。
良い歌曲でした。

watari41 さん コメントありがとうございました。

うなさかへ大きくなった太陽が海面に赤色の光線を縞もようになって輝きなびきながら
色彩あやなす光景は息を飲みこむがごとき感動が心へ押し寄せてきます。

そこへ 佐渡ケ島が「うなさか」に浮いている 佐渡の言葉のアクセントがきれいです。それは 平家の落人がな流されてきたからといわれています。佐渡の級友(逝ってしまった)がクラスの中で際立っていたことを思い出す光景をです。

はじめてコメントいたします。

ビオレストランクレールのギャルソンを務めさせていただいております、東梅です。

本当にいつもご利用くださってありがとうございます♪

お誕生日だったんですね!おめでとうございます!!

先日ご来店くださった際はこの写真が使われている手作りの名刺をありがとうございました。

日本は本当に美しい国ですね。

東梅さん コメントありがとうございました。
いつも とても美味しい料理と笑顔で迎えていただき嬉しいですよ

日本は世界一美しい国ですね。若い皆様方の活躍を祈ります。

82歳という想像できない年月∑(゚∇゚|||)自分で決める事のできない生と死だからこそ今生きていることが有り難いですよね(o^-^o)こうやって人のためになるブログをアップし感動を与えて・・・きっと神様がまだまだ生かしてくださると思います(*゚▽゚)ノもったいなくて、もったいなくて・・・・・ 
私が神様に代わって一言(*゚ー゚*)最低でも100歳を命ずるheart04


先日も高倉健カットwinkにご来店頂きありがとうございましたm(_ _)m
とても寒くなりましたね。くれぐれもご自愛下さいませ。

ピカソ美容院 様 コメントありがとうございました。

その上に 神の声をいただき 感謝ゞ・・

今日(29日)店長様はじめスタッフのみなさんと楽しい会話ができて大変うれしく思いそして生き甲斐に繋がりました。
私の薄くなった髪を見事なデザインカットして頂きありがとうございました。
帰ったら妻から格好いいと言葉をもらって幸せです。来月もよろしくお願いいたします。

両親が富山県出身、私は仙台生まれの仙台育ち。日本海の風土を肌で感じる機会は持たずにきましたが、水上勉の本を読んでみたくなりました。

あ さんコメントありがとうございました

裏日本の風景はすばらしく自然と同期しているように思います。

水上 勉 作「越の道」を読んで共感すること大でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/56130104

この記事へのトラックバック一覧です: 満82歳:

« 南三陸福興市 | トップページ | 戦中戦後を生きた少年の記憶その一 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ