« ふるさとは言うことなし | トップページ | 59回目の結婚記念日 »

2012/11/01

”おきなぐさ”を詠む

いつの間にか今年もあと六一日すぎれば終り、同時に私の誕生日がくれば83歳となり私の身体はさらに小さくなる、そして【死の遺伝子】のスイッチがONになれば現世から去ることになる。この操作は、自動制御であるので私は知るよしもなし。ITが進んだおかげで私が現世から消滅してもわたくの記録は消えずiCloudに残るので楽しい。私の声・記事・動画・写真を記録することは、たった一度しかない片道切符のとどまることの知らぬ人生の流れから見た光景に似たるものではないのだろうか。

07年の春 に八ヶ岳高原に行ってきた。高原の清浄な空気と美しい野鳥の囀り、そして頬をなでてゆく春風に最高の幸せを感じて歩いていたときオキナグサと出会いた。絶滅危惧の野草である。岩手山麓には群生していたという。

宮沢賢治名作童謡“オキナグサ”をわたくしは愛読している。岩手山麓の光景を見ながら声をだして読んだ。八ヶ岳との光景と重なってしまった。

わたくしの記録はそうしてできた。クラウドYouTubeにアップロードした。

YouTubeは記録容量が増えたので オキナグサ動画記録のアップロードに成功した。

歳を重ねるごとに日々が特別の日であることの念が強くなった。

オキナグサをよみながら、私の魂もこの世を去ったらオキナグサの銀毛の房のごとく宇宙へ飛びたち変光星になりたい という妄想をいだいてしまった

« ふるさとは言うことなし | トップページ | 59回目の結婚記念日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/55998111

この記事へのトラックバック一覧です: ”おきなぐさ”を詠む:

« ふるさとは言うことなし | トップページ | 59回目の結婚記念日 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ