« 戦中戦後を生きた少年の記憶その三 | トップページ | 戦中戦後を生きた少年の記憶 その五 »

2012/12/25

人の一生は一瞬に過ぎ去る

14年前の平成10年10月1日現在 総務庁統計局作成した人口構成を見た。

少子高齢化が進み日本は衰退の一途をたどることをしめしている。

世界平和が大きく芽生えることを祈願している。

Photo_4

A・スマナサーラ長老 氏の十種類の悪行為言葉を読んだ。考えさせられる十種類の悪行為である。

 十種類の悪行為とは、

 一 殺生(せっしょう) 生き物を殺すこと。
 二 倫盗(ちゅうとう) 盗むこと。
 三 邪淫(じゃいん) 邪まな行為。
 四 妄語(もうご) 嘘をつくこと。
 五 悪口(あっく) 悪い言葉で人の心を傷つけたり、貶したり、誹謗したりすること。
 六 両舌(りょうぜつ) 人の仲を裂くためや調和を壊すために噂話をすること。
 七 綺語(きご) 意味のないことを話すこと。無A・スマナサーラ長老駄話。おしゃべり。これは時間と頭の知識を無益に浪費します。
 八 貪欲(とんよく) 強い欲望(abhijjhâ)
 九 瞋恚(しんい) 強い怒り(vyâpâda ビャーパーダ
 十 邪見(じゃけん) 見方が間違っていること(micchâditthi ミッチャーディッティ
 
 この十種類のうち最も重い罪は、貪欲・瞋恚・邪見です。その中でも最も重いのは、邪見です。

ラジオのニュースを聞いていると現在の世界情勢はあまりにも悲しくせつない。

後5日で平成24年も去る。

« 戦中戦後を生きた少年の記憶その三 | トップページ | 戦中戦後を生きた少年の記憶 その五 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

 若い世代の中には、日本と米国が戦争したことがあるということさえ知らない人たちもいるそうです。わたし自身もこの年になるまで父の青春期につて聞いたことがありません。伝えるべきことがないのかどうか。父も話しません。
 自分は子どもたちに何事かを伝えただろうか、と思うこともありますが、今の若い世代は、生きるために新たに取得しなければならないことも多いので、言い出すタイミングはなかなかありません。
 今、古本屋で見つけた、秋田出身のプロレタリア作家伊藤永之介さんの「警察日記」を読んでいます。わたしの世代が知らない終戦直後の様子が伝わってきます。親から子へ伝えにくいことでも、文学ならうまくやってくれるかもしれません。

schmidtさん コメントありがとうございます。

現在のような社会を作ってきたのは昭和の人たちです。
無謀な戦争をし敗戦(終戦?という言葉をつかいました)無条件降伏して 自由主義 個人主義となり日本民族の心根が消滅してしまったのではないのかと思います。
昭和の歴史が現代につながったと思い、頭をたれています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/56389574

この記事へのトラックバック一覧です: 人の一生は一瞬に過ぎ去る:

« 戦中戦後を生きた少年の記憶その三 | トップページ | 戦中戦後を生きた少年の記憶 その五 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ