« 戦中戦後を生きた少年の記憶その六 | トップページ | 2013年元旦 »

2012/12/31

戦中戦後を生きた少年の記憶 最終回

今日は2012年12月31日大晦日に戦中戦後を生きた少年の記憶の最終回となった。

戦中戦後を生きた少年の記憶を搾り出して記事にしてきたが書いているうち、頭が痛くなってしまった。

そして昨日のような出来事のように思えたのである。

一瞬 少年の時の感覚になってしまった。

今から64年前が18歳だった。庭球部員10名であったが7名の友が逝ってしまった。主将組2名と後1名の3名が生きている。

散る桜残る桜も散る桜のたとえどおり「人は生まれてすぐ死の旅にでる」

15歳から18歳までの水々しい感覚を一瞬でも思い出したことは幸せであった。

そして記憶をクラウドに記録した。

終世忘れえぬ雪国の風景を水上 勉 氏の言葉を最後にお借りして「戦中戦後を生きた少年の記憶」を終了。読んでいただいた方々に心から感謝いたします。

・・・・日本海は、時には荒れ、時には晴れ、時にはくもりするうつろいやすい空で、今日も、不変の波を打ちよせつつ、有為の山河を抱く。
げに、日本海は、変わりゆく日本で、失いつつある人の美しい暮らしを、いましばらく保ち得て、きらめくような四季を温存している。・・・

女性の浜辺のシルエットに、まなこが潤む 遠い遠い あの日

YouTubeから浜辺の歌 を共有させていただきました。

« 戦中戦後を生きた少年の記憶その六 | トップページ | 2013年元旦 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

浜辺の歌、紅白歌合戦より、こちらのほうがよほど聴き応えがありますね。
残っているのは3名ですか。私がその年齢の時に、どちらに入っているのかと思ってしまいます。
大晦日まで、町内で多少のパソコンボランティアができました。
まだ数年は人のお役に立てそうです。良い新年をお迎え下さい。

watari41さん コメントありがとうございます。

あけましておめでとうございます。

現代の歌詞の意味が良くわかりません。曲も皆同じに聞こえます。
いつもの睡眠パターン時刻(午後9時)に寝て 今日午前5時30分起床し元旦を迎えました。

今年もよろしくお願いいたします。

「戦中戦後を生きた少年の記憶」を読ませて頂きました。

文章の中に色々な映像が出てきて、そこには居るはずの無い私が一緒に居るような悲しみや感動や喜びを感じました。
戦争経験の無い私達は、日本の為に戦ってくれた多くの犠牲者の方のお陰で今を生きているのだと改めて深く感じました。
文章に残して頂きありがとうございました。

またご来店お待ちしております。

ピカソ美容院さま

コメントありがとうございました。

83歳の同級会10月に行かれるよう精進します。

またカットよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21906/56434788

この記事へのトラックバック一覧です: 戦中戦後を生きた少年の記憶 最終回:

« 戦中戦後を生きた少年の記憶その六 | トップページ | 2013年元旦 »

幼少の記憶

  • Michio_2

少年時代の記憶

  • Photo_2

次世代の人へ

  • Photo_2

風景写真アルバム

  • Tirusakura
    散歩中の風景写真

こんにちわ

  • Bn_pink3_b

最近のトラックバック

無料ブログはココログ